【インタビュー】Chicago Poodle、1
0周年を語る_第二章「分岐点は2011年
。やめていたかもしれなかった」

Chicago Poodleがこの夏、メジャーデビュー10周年記念ベストアルバム『10th Anniversary Best』をリリースした。2枚組、全22曲を収録したベストアルバムには既発曲やリメイク曲をはじめ、3曲の新曲が自身の未来を描くなど特大の華を添えている。BARKSでは10周年アニバーサリー特別企画として、Chicago Poodleの歴史を辿るインタビューを3回にわたって展開中だ。
その第1回目では学生時代のレアな思い出話も交えた黎明期のエピソードを振り返ってもらったが、第2回目はシングル「ODYSSEY」で2009年にメジャーデビューを果たしてからの5年間。タイアップに恵まれ、好調なスタートを切った彼らにある日、突然、訪れた試練とは? 音楽をやめようかとまで悩んだ日々を乗り切れたのはファンからの温かく心強い励ましがあったからだった。泣けるバラードとして動画再生回数がグンと跳ね上がった名曲「タカラモノ」が生まれた背景など、いまだから語れる言葉があふれ出した。

   ◆   ◆   ◆

■仮タイトルは「鼻のない人」
■衝撃を受けました(笑)

──前回のインディーズ時代を総括したインタビューに続き、第2回ではメジャーデビューからの5年間を振り返っていただきたいと思います。Chicago Poodleは2009年3月にシングル「ODYSSEY」でメジャーデビューを果たしますが、当時の心境やデビューの経緯から聞かせてください。

花沢:2009年1月の大阪BIG CAT公演でメジャーデビューを発表したんですけど、その1年ぐらい前にインディーズ時代からお世話になっていた会社のディレクターに「来年、メジャーかな」って突然言われて。そのときは仕組みがよくわからなかったので“より多くの人にChicago Poodleが聴いてもらえるってことなのかな?”と思っていましたね。あとは両親に報告ができるなって。
▲花沢耕太 (Vo&Key)

──ご家族は音楽の道に進むことをどう思われていたんですか?

花沢:すごく応援してくれていました。父親は音楽をやりたくても家業を継がないとならなかったから、息子には好きなことをやらせたいという考えの人で。むしろ、どんどんやれっていう。ただ、インディーズ時代が長かったので、親も“どうなるのかな”とは心配していたと思う。だから、いい報告ができたなっていうのはありましたね。

山口:僕の両親も応援してくれたとはいえ、内心は“大丈夫か?”っていう気持ちがあったと思うんです。「メジャーデビューする」って言ったらすごく喜んでくれましたね。

辻本:やっぱり近所の人とかに「お宅の息子さん、なにやってるの?」って聞かれても説明しづらいじゃないですか。「デビューしました」って言えるようになって少しは親孝行できたかなって。

──そうですよね。じゃあ、まわりの方々のほうがテンションが上がっていたというか。

花沢:たぶん僕はその頃、“メジャー一発目はどういう曲にしよう”ってことで、頭がいっぱいいっぱいだったと思うんですよね。そういう気持ちのほうが大きかったかもしれない。“いままででいちばんいい曲作らなあかん”みたいな。

山口:僕も“よっしゃあ!”って感じではなかったですね。というのもインディーズ時代にCDを出させてもらって、全国ツアーもさせていただいていたので、劇的に変わることってあるのかな?って。

辻本:僕はインディーズ時代にCD屋でバイトしていたんです。なので、メンバーの中ではいちばんインディーズとメジャーの違いについて理解はしていたんですけど、Chicago Poodleの場合は、メジャーレコード会社のインディーズレーベルでCDを発売していたので、純粋な意味での自主制作とは違って、メジャーと遜色ない環境で活動させていただいていたんです。CDを置くのもラジオ局に宣伝に行くのも僕たちではなくスタッフの方が動いてくれていたんですよね。
▲『10th Anniversary Best』初回限定盤

──なるほど。宣伝や流通の意味では、さほどメジャーと変わらなかったという。

辻本:なので、ふたりも言っていましたけど、メジャーは区切りというか、「オマエら、メジャーに行くんだから、もっと頑張れよ」って言われたのは覚えていますね。“期待してもらっているんだから、もっといい曲と歌詞を書かなきゃ”って3人がさらに一丸となったタイミングだと思います。変わっていないとはいえ、気合いが入ったし、いまのChicago Poodleを支えている曲たちが生まれた時期でもあるのかなと。

──周囲の期待が高まる中、デビューシングル「ODYSSEY」はどんなふうに生まれたんでしょうか?

花沢:この曲を書いたときは、宇宙ものの洋画を見ていたんですよ。エンディングに流れた曲を聴いて“僕なら、こういう曲書くな”って作ったメロディですね。

──だからタイトルが「ODYSSEY」だったんですか?

辻本:(スマホ画面を確認しながら) 仮タイトルは「鼻のない人」でしたね。要は宇宙人のことらしいんですけど、衝撃を受けました(笑)。

花沢:ああ〜!思い出した。映画のエキストラに鼻がない宇宙人が出ていたんですよ(笑)。それでなんとなく伝わるかなって。

辻本:歌詞の第1稿の段階で“ODYSSEY”と“NEVER ENDING STORY”という言葉はもう入ってきているので、映画のイメージを聞いて僕が広げて書いたんだと思います。“ファルコン”とかも出てきていましたよ。

山口:時代感じる映画やな(笑)。

花沢:若い人、知らんのちゃう?(笑)。
辻本:と同時に、音楽やっていて力になれるのかな?って。

──いろいろ考えますよね。あのとき、衣食住の仕事に就いていないことって、こういうことなのかって。なんの役にも立っていない無力感に襲われました。

花沢:3人で「これからどうしよう」って話しましたね。それぞれ違う仕事、それぞれの道に進もうかという話も出ていたし。

辻本:バンドとしてこれからどうしたらいいんやって?

──その先の活動が見えないですものね。メジャーデビューから10年。初めて解散を考えたのが、その時ですか?

花沢:ええ。思い返してもいちばんの出来事でしたね。そういう気持ちを思いとどまらせてくれたのが山口がさっき話した仙台でのライブだったんです。「来てくれてありがとう」、「これからもいい曲作ってね」って言われたのがすごく嬉しくて「まだまだ、がんばらなあかんわ」って思ったんですよね。

──そしてアルバム『3.0』が2013年にリリースされるわけですね。

花沢:「またここから始めよう」って。

──『3.0』のリード曲「タカラモノ」はミュージックビデオが泣けると動画やSNSで話題になり、のちにリカットされ、TVアニメ『名探偵コナン』のエンディングテーマ「君の笑顔がなによりも好きだった」と両A面シングルとしてリリースされることになります。この頃の歌詞は以前より人間くさいというか、一歩も二歩も踏み込んでいる気がしますね。

花沢:そうですね。新しく加わってくれたプロデューサーがいままでの僕らにないものを引き出してくれたんですね。「Chicago Poodleってこういう曲、歌ったほうがいいんじゃないの?」って言ってくれて、ミュージックビデオが多くの人の目に止まったんです。

──ちなみにどんなアドバイスをされたんですか?

花沢:「家族愛をテーマにしたら?」って言われて「なるほどな」って。
──子供時代の宝物と大人になってからの宝物は変わってくるかもしれないし、何歳になっても人生にもシナリオはない。そういうところもChicago Poodleの曲が幅広い人たちに愛される理由のひとつなのかなと。

辻本:インディーズ時代から人生をテーマにした歌詞はあったと思うんです。花沢が持ってくるメロディは切ないものが多いので、人生はハッピーなことばかりじゃないから、そのときどきの自分たちの葛藤だったり心理が表現しやすいんですよね。なので、そういう言葉が出てくるのは必然かもしれないですね。

──メジャーデビュー前半期を振り返ると、どんな季節でしたか?

花沢:季節にたとえたら冬かなぁ。メジャーデビューして華やかやったけど、1年ぐらいは師走のように忙しい日々が続いて、ドーンと沈んだ時期もあったので、僕個人的には冬ですね。

──でも、この季節がなければいまのChicago Poodleはないですよね。

花沢:そうですね。

山口:満を持してメジャーデビューさせていただいて、伝えたい相手に向かって届けることを学ばせてもらった期間ですよね。あとは地元で<犬(one)フェス>っていう僕ら主催のライブをやらせてもらって、たくさんのお客さんが来てくださって“音楽やっててよかったな”と思える瞬間があったり。

──ライブを通してバンド仲間が増えたりはしなかったんですか?

山口:正直、そんなには……。

花沢:友達、まったくいなかったです(笑)。

山口:いまでこそ、いますけどね。

花沢:後半で「友達作らなまずいな」って焦りだして。

辻本:いなさすぎるなって。孤高の5年ですね(笑)。

──なるほど。だから壁にぶつかったときに自分たちだけで悩んでしまったのかもしれないですね。

山口:それはあるかもしれないですね。

花沢:ただ、僕らも流されるタイプなんですよ。

辻本:友達の意見に左右されちゃうので。

花沢:だから、ある程度、3人でまとまって結論を出してきて、いまは良かったと思います。どん底期があって結束が強まったのかなって。

辻本:僕はいちばん成長させてもらった時期かなって。自分たちがやりたいことを好き勝手にやっていたインディーズ時代を経て、外のスタッフの方からのアドバイスや尽力でいろいろなことを経験させてもらったし、ホントに苦しい時期もあったけど、バンドを続ける結論を出して、いろいろあったからこそ、「タカラモノ」という曲を生み出せたのかなと思います。

──では、最後に8月18日からスタートする10周年のアニヴァーサリーツアーについて予告してください。

花沢:10年はひとつの区切りで、ベスト盤を軸にしつつも、いちばんはこれからのChicago Poodleを見せられるツアーにしたいですね。

辻本:新曲もやりますからね。ファイナル公演は特別なものにしたいね。

花沢:そうですね。会場もホールなのでほかの公演とはまた違う編成で贅沢な感じでやりたいと思っています。

取材・文◎山本弘子


■ベストアルバム『10th Anniversary Best』

2019年7月24日(水)リリース

▲初回限定盤


【初回限定盤 (2CD+DVD)】GZCA-5288,5289 / GZBB-5288 ¥4,000+税
▼初回限定盤特典DVD収録内容
<メンバーインタビュー>
『HISTORY I〜デビュー当初〜』『HISTORY II〜in二色の浜海岸〜』『Past & Future』
<Music Clip (副音声付き)>
「君の笑顔がなによりも好きだった」「シナリオのないライフ」「ずっと煌めく君は僕のダイヤモンド」「答エアワセ」「泣いたらええ」「タカラモノ〜Wedding 篇〜」
<LIVE映像>
・2009-2019 memory of “ODYSSEY”
・2017.12.2「犬(one)フェス2017〜I & 喜縁~」森ノ宮ピロティホール
「深くもぐれ」「アイアイ」「ODYSSEY」「GET UP! 〜不屈のファイティングマン〜」「ありふれた今日の特別な場面」

▲通常盤


【通常盤 (2CD)】GZCA-5290,5291 ¥3,000+税
▼Disc1
01. ODYSSEY
02. ナツメロ
03. さよならベイベー
04. 愛と呼べる言葉
05. Fly〜風が吹き抜けていく〜
06. Is This Love?
07. 桜色
08. ありふれた今日の特別な場面
09. 1225〜君がいたクリスマス〜
10. タカラモノ
11. 君の笑顔がなによりも好きだった
12. with
13. 空遠く
14. シナリオのないライフ
15. ツナグモノ
16. Wonderful Days
▼Disc2
01. one ~10th Anniversary ver.~
02. Hello ~10th Anniversary ver.~
03. 愛燦燦 ~10th Anniversary ver.~
04. 春風トレイン (新曲)
05. 決意 (新曲)
06. One Voice (新曲)

※初回生産分のみアルバム×ツアー連動特典封入
※初回限定生産・通常盤共、初回生産分のみ<Chicago Poodle -10th Anniversary Tour->会場での特典引換券封入


■<Chicago Poodle -10th Anniversary Tour->

8月18日(日) 滋賀・B-FLAT
open16:30 / start17:00
(問)077-510-6330
8月24日(土) 広島・SUMATRA TIGER
open16:30 / start17:00
(問)sumatratiger@star.ocn.ne.jp
8月30日(金) 奈良・NEVERLAND
open18:30 / start19:00
(問)0742-36-2431
9月01日(日) 岡山・MO:GLA
open16:30 / start17:00
(問)086-235-3277
9月08日(日) 宮城・STARDUST
open16:30 / start17:00
(問)022-265-1139
9月14日(土) 愛媛・松山サロンキティ
open16:30 / start17:00
(問)089-945-0020
9月21日(土) 京都・MOJO
open16:30 / start17:00
※京都MOJO20周年!!×Chicago Poodle10周年!
(問)075-254-7707
9月23日(月祝) 徳島・club GRINDHOUSE
open16:30 / start17:00
(問)088-655-5175
9月29日(日) 石川・もっきりや
open16:30 / start17:00
(問)076-231-0096
10月5日(土) 北海道・UNIONFIELD
open16:30 / start17:00
(問)011-215-1900
10月12日(土) 愛知・LIVE&BAR SPACE TIGHT ROPE
open16:30 / start17:00
(問)052-242-8557
10月13日(日) 東京・下北沢GARDEN
open16:30 / start17:00
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
▼チケット
前売り 4,500円 / 当日 5,000円
※税込/全自由(整理番号付)/ドリンク代別途必要
一般発売:7月6日(土)AM10:00

■<10th Anniversary Tour -FINAL->
10月20日(日) 大阪ビジネスパーク円形ホール
open16:30 / start17:00
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
▼チケット
前売り 5,000円 / 当日 5,500円
※税込/全自由(整理番号付)

※整理番号順の入場となります。
※3歳以下は入場不可、4歳以上はチケットが必要です。
※開場・開演時間は変更となる場合がございます。
※会場によって立ち見の場合がございます。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着