【ライブレポート】Cellchrome、デビ
ュー2周年記念Zepp公演で「また新し
い目標へ」

Cellchromeが8月21日、Zepp Nagoyaにてデビュー2周年記念公演<Cellchrome Debut 2nd Anniversary!「My Answer」>を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。
最高気温33度の愛知県名古屋市。Zepp Nagoyaのフロアにはデビュー2周年をメンバーと一緒に祝うため、大勢の人が詰めかけた。2017年9月15日の大須E.L.Lにて開催されたデビュー記念フリーライブから約2年。4人は遂に名古屋の音楽シーン最高峰のステージに立つ。

バンド史上最大の挑戦。ここまで来たという高揚感に溢れたフロア。照明が落ち、青い光に会場が包まれるとグッとボルテージが上がった。メンバーが登場し、手拍子と歓声に包まれたところで「Aozolighter」からライブがスタート。ニワケン(B)とtatsuma(Dr)によるリズム隊のグルーヴがフロアのテンションを上げ、Mizki(Vo)がしっとりかつ力強く歌い上げるオープニングとなった。
「Cellchromeのワンマンライブへようこそ! 楽しむ準備は出来てますか?」──Mizki

というMizkiの挨拶から「She’s So Nice」へ。満員のお客さんの笑顔とハンドクラップがホールの熱量を上げ、「Shake It On」で加速した後は、最新シングルのカップリング曲「打ち上げ花火」へ。Mizkiの「調子はどうですか?」に呼応するように、サビでタオルがグルグル回る。

実は2曲目で弦が切れてしまったという陽介のギター。「おかげで緊張も吹っ切れました」と会場を和ませたところで、「Fly To The Sky」をプレイ。Mizkiのハイトーンボイスも綺麗で伸びやかだ。「19 New Old」「Rage on」といったナンバーでは会場の一体感がピースフルにドライヴし、上手へ下手へと縦横無尽に走り回るMizki、それを支える骨太かつ優しい楽器隊のサウンドは彼らならではのもの。
「今日のライブに来てくれた全ての人に、自分らしい”My Answer”を見つけて欲しい」とMizkiが語ると、リリースされたばかりの「My Answer」をプレイ。前述のMCも相まってか、歌詞の一つ一つが会場のみんなの心に刺さっていく。言葉にできない思いをこの歌の中でMizkiは“ルラララ”というワードに置き換え、ステージのド真ん中で堂々とメロデイーへと紡いでいく。ライブの勢いはとどまることを知らない。陽介のミュート奏法によるギターサウンドが気持ちいい「Day By Day」では、ステージと観客の距離がグッと近づいた。

恒例となったアコースティックセッションでは、路上時代にプレイしていた陽介作詞作曲の「さがしていたモノ」を披露。クロストークでも笑いを取っていたMizkiと陽介のハーモニーが微笑ましくも美しい。ニワケンとtatsumaも登場すると、MCでtatsumaのお母さんをイジるという微笑ましい場面も。さらにはアコースティックセッションではお馴染みの「Hand’s Up」へ。コール&レスポンスに応える老若男女を見ていると、本当に世代を超えて愛されていることを実感した。
「さあ、ラストスパート! 準備はいいですか?」とMizkiが煽ると、「アダムトイブ」で会場がヒートアップ。ニワケンがアグレッシヴに攻めた「120% 〜BOOM BOOM SUMMER〜」では陽介がラップをかまし、「Everything OK」でtatsumaの笑顔が弾ける。最後のサビ前にブレイクするとMizkiが「続き、聴きたいですか?」とひと言。これに会場が大歓声で応え、再びサビが始まると“Cellchrome Debut 2 nd Anniversary”と記された銀テープが飛び出し、会場のテンションはこの日一番に膨れ上がった。

オーディエンスが銀テープを右手に掲げた「Make My Day」。そして「Don’t Let Me Down」が本編最後。「1月のQUATTRO公演から今日まで、この日を目標にやってきた。ここからはまた新しい目標に向かって走り出していきます」と4人が高らかに宣言した。
アンコールでは彼らの原点となるデビューシングル「Stand Up Now」を披露して、<Cellchrome Debut 2nd Anniversary!「My Answer」>が大盛況のうちに幕を閉じた。Cellchromeとセルクロフレンズが出した“My Answer”とは、“人生は最高”だろう。この4人と共に過ごしていく人生はこれからも最高を更新していく予感しかしない。

取材・文◎田中だいすけ

■<Cellchrome Debut 2nd Anniversary!「My Answer」>2019年8月21日@Zepp Nagoyaセットリスト

01.Aozolighter
02.She’s So Nice
03.Shake It On
04.打ち上げ花火
05.Fly To The Sky
06.19 NEW OLD
07. Rage on
08.Day By Day
09. My Answer
10.さがしていたもの (Acoustic ver.)
11. Hands Up (Acoustic ver.)
12.アダムトイブ
13. 120% 〜BOOM BOOM SUMMER〜
14. Everything OK!!
15. Make My Day
16. Don’t Let Me Down
encore
en1. Stand Up Now

■シングル「My Answer」

2019年8月14日リリース

▲初回盤


【初回盤 (CD+DVD付)】JBCZ-6104 / 1800円(tax in)
▼収録曲
01.MyAnswer
02.打ち上げ花火
特典映像:「MyAnswer」MV・メイキング

▲通常盤


【通常盤(CD)】JBCZ-6105 / 1000円(tax in)
▼収録曲
01.MyAnswer
02.打ち上げ花火
03.My Answer (カラオケ)
04.打ち上げ花火 (カラオケ)

▲セルクロ盤A


【セルクロ盤A】JBCZ-6106 / 1000円(tax in)
▼収録曲
01.MyAnswer
02.打ち上げ花火
※アナザージャケット仕様

▲セルクロ盤B


【セルクロ盤B (CD+DVD)】JBCZ-6107 / 2000円(tax in)
▼収録曲
01.MyAnswer
02.打ち上げ花火
※アナザージャケット仕様
特典ライブ映像:2019.1.4 名古屋CLUB QUATTRO「ONE-MAN SHOW 2019」収録

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着