毎月テーマを変えて、さまざまな人に選曲をお願いしている「MIXTAPE」企画。
今回のテーマは「キャンプしよう。」。
「キャンプ」にはいろんな側面があると考えます。海よりも山。キャンプに向かう道中のドライブ。食事の準備をする高揚感。夏の日差しにむせ返る緑。暗闇に包まれるキャンプの夜。火を囲んで語るひととき。圧倒的な星空を眺めるメディテーションな感覚。地球の恩恵をカラダひとつで享受できるのがキャンプの喜びです。アッパーからチル、メディテーションまで。今回の「MIXTAPE」では、キャンプという行為から見えてくる自然の中に身を置く喜びにぴったりな選曲をお届けいたします!

札幌出身、25歳のシンガーソングライター、作詞家、作曲家 / 山崎あおいの「キャンプしよう。」。

青い車 / スピッツ

車の中で、一曲目に聴きたい世代問わずアガるドライブソング。

スーパーヴィーニエンス / フィロソフ
ィーのダンス

「この曲誰?」「フィロソフィーのダンスっていうアイドル」「アイドルなの!?」の会話でマウントを取りたい。

Mellow Yellow / SPiCYSOL

「ドライブでかけたらモテそう」サウンド。テラハ見てる?なんて盛り上がりながら聴きたい、スパイシーソル。

Different Summers / Demi Lovato

「キャンプ・ロック2」の劇中歌を。楽器持ち寄ってキャンプするの、永遠に憧れ!

Try Hard / 5 Seconds of Summer

青春キラキラなギターサウンドで、お休みの日くらいは心のアンチエイジング!

Mean/ Taylor Swift

森の中で初期テイラー・スウィフトを聴きながらチルしたい。(「チル」って言葉がマイブーム)

When I need you / Leo Sayer

夜、晩酌をしながらちょっとロマンチックな話になった時のBGMに。

山崎あおい「キャンプしよう。」はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。