MARISA、NANAMI、MAKO

MARISA、NANAMI、MAKO

【color-code インタビュー】
より自分たちの今が踏襲された
楽曲になった

最新鋭のトラップサウンドの上、過去最高に力強く、アグレッシブさあふれるリリックと歌声、そして各人の個性を散りばめながらも一丸性やユニゾンによる一緒感を帯同した新曲「KAGEROU」。color-codeのこれからを高らかに宣言&宣誓する逸曲であり、聴く者に再度自身の存在証明や独自性を魅せつけてくれる楽曲だ。そんな同曲に込めた想いや5周年記念ワンマンツアーへの意気込みを訊いた。

自分たちはこういった気概や、
このようなスタイルでやっていく!

今回の「KAGEROU」はcolor-codeの“これから行くぞ!”感にあふれていますね。

NANAMI
まさしくその通りです。今年の9月でcolor-codeは5周年を迎えるということで、もう1度ダンスヴォーカルグループとして、いわゆる“歌って、踊って、パフォーマンスをするということ”を改めて、この楽曲を通して全面に出したかったんです。“自分たちはこういった気概や、このようなスタイルでやっていく!”といった、ある意味での決意表明をこの楽曲を通してしたくて。そういう意味では、自分たちで歌詞を書かせてもらったというのが大きいですね。自分たちの思っていること、今感じていること、みなさんに伝えたいことをメッセージとして伝えられた達成感がすごくあるし。
MARISA
この5年間にいろいろなことがあり、紆余曲折しながらさまざまな可能性や方法論を探っていく中で、ここにきて“自分たちがやりたいことをやりたい!”っていう、そこに行き着いたんです。その想いの表れですね。例えこれが最後の作品になったとしても、それをしないことには終われないし、誰にも“終わり!”と言わせないっていう想いが、この5年を経た今だからこそ強くなってきていて。その辺りを歌に昇華させたかったんです。
color-code インタビュー写真

color-code インタビュー写真

確かに、楽曲からは一発逆転を虎視眈々と狙っている不穏さも感じられます。

MARISA
これまでにやってきたことは決して無駄じゃないし、それらを踏まえた上で新しいスタートを切ろうという気持ちが徐々に大きくなり、強固なものになっていったんです。長かったんですが、ここにきてようやく3人が団結して、“ここからもう1度スタートを切りたい!”という想いを込めさせてもらいました。
MAKO
もともと私たちは個性もバラバラなんですが、その分、良い意味で我が強い面もあって。正直言って、これまでの活動の中でぶつかり合うことも幾度となくあったし、決して平坦な道のりではありませんでした。“ここで終わってしまってもおかしくない”という局面を何度も経て、それでも5年間、3人とも意志を真っすぐ貫いて続けてこれたことが、自分たちにとっては非常に大きくて。

個性の強そうなメンバーたちなので、その辺りはなんとなく分かります(笑)。

MAKO
そんな中、やはりここまでこれたことには何か意味があるだろうと考えたんです。ここまでやってこれたんだから、私たちがやるべき使命、私たちにしかできないことがきっとあるはずだって。そこから“じゃあ、そこに自分たちの本音を乗っけよう!”ということになったんです。

それが今回の作詞・作曲の主な部分を自身で手掛けた理由なんですね。

MAKO
そうです。今回は最初から自分たちで強い意志を持ち、“このような楽曲にしたい!”との意識のもと、クリエーターさんたちに手伝ってもらいながら完成させていったんです。そうやって自分たちで作詞・作曲に携わった分、自身の強い想いも楽曲に乗せることができました。

トラックも、これまでのEDMやフューチャーベース的なものとも若干違って、トラップミュージックのテイストで、それが力強さを引き出してますもんね。

MAKO
そうなんです。今回は自分たちの強い意志も音として表せたというか、その辺りの“勢い良くいきたい!”という3人の気持ちをトラックでも表してもらいました。それもあり、より自分たちの今が踏襲された楽曲になったかなって。メロにもお互いの色や個性が表れているし。
color-code インタビュー写真(MAKO)

color-code インタビュー写真(MAKO)

実際、自分たちの想いは楽曲を通して吐き出せましたか?

MARISA
全て吐き出すことができました。私の場合、活動の原動力のひとつに“ちくしょう! 今に見とけよ!!”的な悔しさもあったりするんですけど、その辺りも含めて吐き出せましたね。すでにライヴで披露しているんですが、そこでも何か伝えられた感が毎度あるし。お客さんの気持ちを代弁している感覚もすごくあるんですよ。

お客さんも交えて、自分たちに言い聞かせている部分も多そうですもんね。

NANAMI
まさに自分たちでも“自分たちの武器”や“自分たちらしさ”というものをこの曲を歌いながら発見しています。
MARISA、NANAMI、MAKO
color-code インタビュー写真
color-code インタビュー写真(MAKO)
color-code インタビュー写真(NANAMI)
color-code インタビュー写真(NANAMI)
color-code インタビュー写真(MARISA)
color-code インタビュー写真
配信シングル「KAGEROU」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着