今年の夏のBGMにオススメ! 最新サマ
ーアンセム10選【2019年版】

今年も夏に向けて、人気アーティストが続々サマーアンセムをリリース中!
しかも、トロピカルからラテン、ハウスなどジャンルいろいろ。シチュエーションや気分によって楽しめます。
この夏のお供に、ぜひチェックしてみてください♪
Martin Garrix feat. Macklemore & Patrick Stump of Fall Out Boy – Summer Days
足首のじん帯を損傷したものの順調に回復し、現場復帰したマーティン・ギャリックス。
この夏は「フジロック」への出演も決まっていただけに一安心ですね。
そんな彼が4月にリリースした、タイトルからして夏っぽい“Summer Days”は、哀愁感がありつつノスタルジックな雰囲気も漂うサマーチューン。
Hardwell – Summer Air (feat. Trevor Guthrie)
今年はマーティン・ギャリックス同様、ハードウェルもタイトルに「Summer」と銘打つ直球の夏曲をリリースしています。
ボーカルをつとめているのは、アーミン・ヴァン・ブーレンやアクスウェル・イングロッソ、リハブなどの楽曲に参加しているトレヴァー・ガスリー。
まぶしい太陽の下で聴きたいなんとも心地よい1曲です。
Kygo, Chelsea Cutler – Not Ok
夏はやっぱりトロピカルハウスが聴きたいもの、その代表格と言えばカイゴですね。
彼が5月にリリースしたこの曲は、カイゴならではの哀愁感がたっぷり。夜のビーチで……なんて超ロマンティック。
そんなカイゴはこの夏、9月7日、8日に開催の「WIRED MUSIC FESTIVAL’19」に出演します。スペシャルなセットを披露してくれるそうで、とても楽しみ!
Tiësto, Jonas Blue, Rita Ora – Ritual
“Mama”や“Rise”が大ヒット。美しいメロディとトロピカリーなサウンドで日本でも人気のジョナス・ブルーがこの夏はティエストとコラボ!
さらに、ボーカルにはリタ・オラとなんともスゴイ組み合わせ。ダンサブルでポップ、キャッチーなサウンドはビーチやドライブのお供にうってつけ。
ちなみに、ジョナス・ブルーはこの夏「フジロック」に初出演♪
Sigala, Becky Hill – Wish You Well
“Easy Love”や“Sweet Lovin’”などリリースする曲がどれもプラチナディスク。ポップでメロディアス、そしてトロピカル感も満点なサウンドで、ジョナス・ブルーに続く夏男候補最右翼のシガーラ。
そんな彼が6月にリリースした新曲は、トロピカルなテイストもありつつ、これまでになくダンサブルな仕上がりに。
日射しガンガンのフェスやビーチパーティで盛り上がること間違いなし!
DJ Snake, J. Balvin, Tyga – Loco Contigo
“Taki Taki”もいいけれど……夏に向け、ラテンシーンで最もホットなJ. バルヴィン、さらにはラッパーのタイガとコラボした新曲“Loco Contigo”をリリースしたDJスネイク。
この曲はちょっと緩めのラテンサウンドで、それがまた気持ちいい!
“Taki Taki”、“Loco Contigo”の他にも、よろしく哀愁な“Middle”や“Let Me Love You”も夏のビーチに持っていきたいところ。
Major Lazer & Anitta – Make It Hot
レゲエあり、ムーンバトンありのメジャー・レイザーもナツいアンセムたっぷりですが、そんな彼らの最新曲“Make It Hot”はブラジルの歌姫アニッタをフィーチャーした、ちょっとアラビアンでセクシーなサマーソング。
ちなみに、メジャー・レイザーの顔役ディプロは、つい先日Herve Pagezとコラボし、チャーリーXCXをフィーチャーした“Spicy”をリリース。
スパイス・ガールズの“Wannabe”を大胆にサンプリングした楽曲でこれもこの夏盛り上がりそう。
Oliver Heldens – Summer Lover ft. Devin, Nile Rodgers
マーティン・ギャリックス、ハードウェルに続き、タイトルからして直球夏チューンをリリースしたのはフューチャーハウスシーンのスター、オリヴァー・ヘルデンス。
大御所ナイル・ロジャースをフィーチャーしたこの曲の特徴を一言で言えば……「哀愁漂うディスコな夏」。
Sam Feldt- Post Malone (feat RANI)
ディープ〜トロピカルハウスまでもってこいのサム・フェルトも夏に最適のアーティスト。
彼は5月に3週連続で新曲発表と今年はかなり精力的ですが、その三部作の中でオススメは最後にリリースされた“Post Malone”(あのポスト・マローンとは全然関係ない模様)。
最もトロピカリーで常夏感満載。ビーチやプールにピッタリです。
Avicii – Heaven
アヴィーチーのアルバム「TIM」から、コールドプレイのクリス・マーティンが参加した“Heaven”。
この曲はなんとも爽やかで心地よく、今年の夏は様々な場所で重宝されそうです。
トリビュートビデオは、生前にアヴィーチーがマダガスカルを訪れたときの様子が収められ、それもまたリゾーティーでステキな映像になっていますのでぜひ。
Text by EDM MAXX編集部

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

新着