L→R Hina、Mona

L→R Hina、Mona

【Kitri インタビュー】
歌声とピアノっていう、
これこそKitriの作品に仕上がった

1月にEP『Primo』でメジャーデビューした姉妹のピアノ連弾ユニット、Kitriがより自由に活き活きと音楽を奏でている2nd EP『Secondo』。リード曲「矛盾律」の制作工程や、Hinaが初めて作詞を手掛けた「Dear」など、今作に込めた挑戦について訊いた。

思い切って自由に作りたくて
「矛盾律」は試行錯誤して辿り着いた曲

メジャーデビュー作となったEP『Primo』の反響はいかがでしたか?

Mona
私たちが知らない方も私たちの音楽を聴いてくれているっていうことが初めての体験でしたので、“久しぶりにCDを買った”とか“感動しました”“勇気をもらいました”という感想をいただいて感激しました。中でも“聴いたことがない音楽だった”と言ってくださる方が多くて、何か新しいものを生み出していきたいという想いはあったので嬉しかったです。
Hina
全国の多数のラジオ局でリード曲の「羅針鳥」がパワープレイをいただいてコメントをもらったり、初めてのワンマンライヴを開催したことで、本当にたくさんの方が応援してくださっているのを実感しました。

デビュー作のタイトル“Primo”は連弾の高音の部分を意味していて、今作の“Secondo”は低音部を意味するタイトルになっていますね。

Mona
デビュー作の続編的な位置付けにもしたくて、2作目と連弾の意味合いを込めて今回は“Secondo”しかないと思いました。ちょっとずつ私たちの音楽が広まっていく中で、さらに音楽的に成長したKitriをお届けしたいというか。前作からもっと深いところまで掘り下げて、曲ごとに挑戦しています。

前作に引き続きプロデュースが大橋トリオさんで、神谷洵平さんもリード曲の「矛盾律」に編曲で参加されているので、今回は肩の力を抜いて制作できた部分もあるのかなと。

Mona
そうですね。レコーディングで「矛盾律」を弾いている時に“今のところは大事なポイントだから!”とか、作った自分が気が付かなかった部分を教えてくださって、演奏してみて納得することも多かったです。神谷さんと大橋さんが愛情を持って関わってくださっていることが伝わって、ありがたく思いました。
Hina
私は「矛盾律」でパーカッションをやっていたんですけど、リコーダーの最後の音はピッチを下げて弱く吹いたほうがいい味になるとか、ひとつひとつすごく丁寧に鳴らさないといけないってことが勉強になりました。

普段は交わらない単語が羅列している歌詞と、未知の世界に招かれるようなメロディーがぴったりですが、曲が先にできたのでしょうか?

Mona
そうなんです。普段は全体の構成を先に決めたいので歌のメロディーから作ることが多いのですが、今回は思い切って自由に作りたくて、ピアノの一音目から何も考えずに進めていき、試行錯誤しながら辿り着いた曲になってます。

何かイメージしていたものはあったんですか?

Mona
知らない国のお祭りっぽくしたいと思っていました。なので、クラシックの音階も入りつつ、まったく違う地域で親しまれている旋法とかフレーズ、音の並びを取り入れています。例えばロシアだったらロシア風にしたりとか、ひとつにこだわって作る方法もありますが、今回は自分の知識の浅さもありつつ、だからと言って怖がるわけではなく、いろいろなエッセンスを好きなように取り入れることで、聴いたことのない曲ができるんじゃないかっていうのも目標にありましたね。

歌詞も今までとテイストが違いますよね。

Mona
はい。これまでの物語を広げていくような書き方ではなく、今回は単語を並べるだけで色彩があって景色が浮かぶような、何か分からないけど物語が進んでいるような歌詞にしたかったんです。おかしな組み合わせの言葉を並べることであり得ないように見えるけど、それは自分の思い込みで、あり得てもいいのではないかとか。自分にとっては挑戦でしたが、楽しくて刺激になりましたし、結果として今までにないタイプの仕上がりになりました。
Hina
単語が並んでいるだけなのに世界が広がっていて、聴く人の想像力にゆだねられる曲だと思います。自分の好きなイメージで空想して、物語を作ることができるのですごく面白いし、いろいろな拍子になっていて斬新だなと感じました。
Mona
スタッフの方にも感謝をしています。前作の「羅針鳥」は多くの方に聴いていただきたかったので、私の中では分かりやすくてストレートな表現も取り入れていたのですが、「矛盾律」を作っている時は“リード曲に”というわけではなくて、“裏側のKitri”というテーマを持ってたんです。でも、この独特な曲をスタッフの方に聴いてもらった時、“次の推し曲でいいんじゃない?”と言ってもらえて。2作目ではより分かりやすく多くの人に届く曲がいいのかと思っていたけれど、このKitriの挑戦の曲が今作のリード曲になって、その発想は私たちにはなかったのでびっくりしました。
L→R Hina、Mona
EP『Secondo』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着