「感謝還元祭」初日レポート、みのり
ほのか篇!

7月1日(月)と7月2日(火)の2日間に渡り、渋谷DESEOを舞台に「感謝還元祭 Day.1/Day.2」と題したイベントが行われた。7月1日(月)のイベントへ出演したのは、CANDY GO!GO!/d-girls/ミカイスカート/ショートカット部/未完成リップスパークル/みのりほのか/道玄坂上り隊(OA)というラインナップ。その日の中から、みのりほのかのライブの模様を、ここにレポートします。
みのりほのか
イベントのトップを飾ったのが、ラスタァ星からやってきたアイドル、みのりほのか。いきなり「宇宙人だ!!」と、みずからの正体を明かすように、自身のプロフィールナンバー『宇宙人だ』を歌唱。軽快に走る楽曲に乗せ、光を超える速度で激しい振りを笑顔でぶち噛ましてゆく。人並み外れたパワーでパフォーマンスしてゆくところは、さすが宇宙人。ラスタァ星人の放つ歌に洗脳されたフロアにいる地球人たちは、最初から熱い声を上げ騒いでいたったったったったったっ。
みのりほのか得意のチップチューン『ViViVi VINU $』の登場だ。触れた人たちのハートをキラキラ輝かせるポップでエレクトロな楽曲に、ドキドキの指数がどんどん増えだした。途中には、トーキングラップも登場。つかみどころがなさそうで、でも心や身体を踊らせる、そのマジカルなディスコスワールドがたまらない。
ディープでエレクトロなイントロから、一変。軽やかにステップ踏みたくなるディスコポップチューン『DISCOTIC MARS』の登場だ。身体にディスコ神を降臨させたみのりほのかは、みのン・ほのボルタ(みのりほのか+ジョン・トラボルタ)と化し、激しい振りを混じえ観客たちを挑発。レトロフューチャーディスコな楽曲を魅力に、ミラーボールまわるフロアをナイトフィーバーさせていった。何時しかフロアでは、みのファン・ほのボルタ(みのりほのかファン+ジョン・トラボルタ)に変貌した人たちが熱狂していた。
「ウッ! ハッ!」と、雄々しい掛け声が飛び交う場内。太古から身体の奥底に仕舞い続けていた野生のパワーを甦らせたみのりほのかは、『ジュラシックガール』を魅力に観客たちを野獣に変えてゆく。それこそが、みのりほのか流のサイコキネシスなパワーだ!!。さぁ、一緒に「ガオーッ!ガオーッ!ガオーッ!」と叫びながら、心も身体も原始へ回帰し、踊り騒ごうか。
最後にみのりほのかは、会場中の人たちを銀河の彼方まで連れ出すように『キラキラギャラクシー』を歌唱。彼女が歌うたびに、フロアには心を輝きに染めあげるキラキラとした光があふれだす。銀河をドライブするように、笑顔で弾けるみのりほのか。その姿は、手を伸ばした人たちをチャーミングなパワーで一気に呑み込んでしまうブラックホールのよう。その魅力なら、このまま吸い込まれても構わない。楽曲を通し様々な冒険を体験させる宇宙人パワーに、今宵も魅了されたね。ラスタァ!!
PHOTO: 大西基、puripat
TEXT:長澤智典
みのりほのか Web
みのりほのか twitter
https://twitter.com/honoka_minori7
【タイトル】月面着陸50周年記念みのりほのかスペシャルライブ
【会場】月見ル君想フ
【時間】OPEN 11:30 START 12:00
【料金】前売¥2,500 当日¥3,000 1D代別(¥600)
【出演】みのりほのか
【チケット】みのりほのかライブ物販
【入場順】当日並んだ順
【出演時間】12:00
【物販時間】13:00
https://tiget.net/events/59675
セカイベさんでも…。

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着