ビル・ワード、ブラック・サバスのメ
ンバーへ愛のメッセージ

ビル・ワードが先週(7月2日)、約2ヶ月ぶりにTwitterを更新し、ブラック・サバスのメンバーへの愛と、彼らとプレイすることに乗り気だと話すビデオ・メッセージを投稿した。
ワードはこう語った。「やあ、みんな。僕の名はビル・ワードだ。トニー、ギーザー、オジーのことをすごく愛してるって言いたかった。彼らのことを長い間、愛してきた。いまでもそうだ。将来、(彼らと)一緒にプレイすることに関して、僕はどんなアイディアにも耳を傾けるつもりだ。それだけ。みんなのこと、愛してるよ。ありがとう」
オジー・オズボーンは5月、『Kerrang!』誌のインタビューでブラック・サバスのラスト・ツアーについて「俺はまず、ビル・ワードがいないのが気に入らなかった。俺のせいだっていう人たちがいるが、そうじゃない。本当だ。俺らには無駄にする時間はなかった。進み続けるしかなかった。でも、ビルとのことが解決できなかったのは残念だ」「俺ら4人で始めたんだ。だから、俺ら4人で終わらせるべきだった」と話し、「もしかしたら、いつか、最後の公演があるかもしれないな。わからないけどさ」と付け加えていた。

トニー・アイオミとギーザー・バトラーは先月終わり、故郷バーミンガムに誕生した“ブラック・サバス・ブリッジ”と同市で始まったブラック・サバスの回顧展<Home of Metal: Black Sabbath 50 Years Exhibition>のオープニング・セレモニーに出席。そのとき2人は、ワードが欠席したことについて「彼は来られなくて本当にガッカリしていた」「ビザのために送ったパスポートがまだ戻ってこないんだ」と、説明していた。

ブラック・サバスは、2022年にバーミンガムで開かれる英連邦の競技大会<コモンウェルスゲームズ>の開会式でのパフォーマンスを検討中と言われている。アイオミによると、「オジーはイエスって言ったんだと思う。僕も、みんなが乗り気ならイエスって答えた」という。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。