日曜日(6月23日)、米ロサンゼルスで、ブラック・エンターテインメント・テレビジョンが主催する<BET Awards 2019>が開かれた。
音楽のカテゴリーでは、カーディ・Bがアルバム・オブ・ザ・イヤーと最優秀女性ヒップホップ・アーティスト──今年最多の2部門を受賞。最優秀男性ヒップホップ・アーティストには、今年3月銃撃され亡くなったニプシー・ハッスルが選ばれた。

カーディは復縁した夫オフセットと共にショウのオープニングを飾った。2人のパフォーマンスがTV放送されるのはこれが初だったという。このほかLil Nas X&ビリー・レイ・サイラス、リゾ、マスタード&ミーゴス、DJキャレド、メアリー・J.ブライジらがパフォーマンスした。

メアリー・J.ブライジには功労賞が贈られ、リアーナがそのプレゼンターを務めたという。

<BET Awards 2019>音楽カテゴリー主要部門の受賞者/作品は以下の通り。

●アルバム・オブ・ザ・イヤー
カーディ・B『Invasion Of Privacy』

●最優秀ニュー・アーティスト
Lil Baby

●最優秀女性ヒップホップ・アーティスト
カーディ・B

●最優秀男性ヒップホップ・アーティスト
ニプシー・ハッスル

●最優秀コラボレーション
トラヴィス・スコット ft. ドレイク「Sicko Mode」

●最優秀女性R&B/ポップ・アーティスト
ビヨンセ

●最優秀男性R&B/ポップ・アーティスト
ブルーノ・マーズ

●最優秀グループ
ミーゴス

●ビデオ・オブ・ザ・イヤー
チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America

●最優秀ビデオ監督
Karena Evans

●Dr. Bobby Jones最優秀ゴスペル/インスピレーショナル・アワード
スヌープ・ドッグ ft. Rance Allen「Blessing Me Again」

●BET HERアワード
H.E.R.「Hard Place」

●Viewers’ Choice
エラ・メイ「Trip」

このほか、最優秀女優はレジーナ・キング、最優秀男優はマイケル・B・ジョーダン、スポーツウーマン・オブ・ザ・イヤーはセリーナ・ウィリアムズ(テニス)、スポーツマン・オブ・ザ・イヤーはステフィン・カリー(バスケットボール)、最優秀映画は『ブラック・クランズマン』が受賞した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。