ダイアモンド☆ユカイ “男が泣ける
男の歌”コンセプトのカバー集『Res
pect』シリーズの集大成ベスト盤を発

ダイアモンド☆ユカイが、“男が泣ける男の歌”をコンセプトにしたカバーアルバム『Respect』シリーズの集大成ベストアルバム『The Best Respect Respect In Peace…』を7月2日(火)にリリースする。
本作は、ユカイが大きな影響を受け、常にリスペクトする、不器用でシャイで真っ直ぐな昭和の日本のロックレジェンド達の名曲をセレクトしたカバー集。『Respect』シリーズは、第1弾を2012年にリリースし、『RespectII』(2013年)、『RespectIII』(2016年)と既に第3弾まで発表。今回のベストアルバムは過去3作から、「涙をふいて」(オリジナル:三好鉄生)から始まり、「悲しい色やね」(オリジナル:上田正樹)、「青い瞳のステラ、1962年夏…」(オリジナル:柳ジョージ&レイニーウッド)、「月のあかり」(オリジナル:桑名正博)、「デイ・ドリーム・ビリーバー」(オリジナル:ザ・モンキーズ、ザ・タイマーズ[日本語カバー])、「.傘がない」(オリジナル:井上陽水)、「愚か者よ」(オリジナル:萩原健一)、「情熱の薔薇」(オリジナル:ザ・ブルーハーツ)等、13曲を厳選。
更に、「花 ~すべての人の心に花を~」(オリジナル:喜納昌吉&チャンプルーズ)、「きめてやる今夜」(オリジナル:内田裕也)、「胸の振り子(オリジナル:霧島昇)の3曲をニューレコーディング。全16曲を収録した、『Respect』シリーズの集大成となる。
なお、このCDは一般のCDショップ店頭では発売しておらず、ライブ&イベント会場やeコマースでの通信販売限定商品となっている。Amazonではダイアモンド☆ユカイの直筆サイン入りジャケット・ステッカー、タワーレコード・オンラインやHMVオンライン、楽天ブックスではジャケット・ステッカー、更にワーナーミュージック・ダイレクト(WMD)はダイアモンド☆ユカイ史上初の2Lサイズ生写真(2種類よりお好きな1枚)のスペシャル特典付きで予約を受け付けている。
特典写真A
特典写真B
■ダイアモンド☆ユカイ コメント
RED WARRIORSでデビューした頃、無知だった自分達は、すべてをぶちこわす事がロックで、すべての事に対して反逆精神剥き出しだった。
当時、テレビの音楽番組に出ても“歌謡曲”が中心で、俺達ロック・バンドには居場所が無かった。だから俺達は出演した番組をめちゃくちゃにしたりして、“歌謡曲”を見下していた。幕末の志士を気取っていたのかも知れない。
その後、世の中も変わり、“歌謡曲”がJ-POPになり、 “歌謡曲”の日本語の歌詞、メロディ、アレンジがジーンと胸に沁みたんだ。
今の俺の、俺なりの“歌謡曲”を聴いてほしい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着