2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部

2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部

【古市コータロー ライヴレポート】
『古市コータロー
SOLO BAND TOUR “東京”』
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部

2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
2019年6月9日 at 東京キネマ倶楽部
 自ら形成してきた音楽への敬愛と憧れを、自らが歌い奏でる音楽で表現した、滋味たっぷりのソロライヴ。約4年半振りとなる4作目のソロアルバム『東京』を引っ提げて行なわれたツアー『古市コータロー SOLO BAND TOUR “東京”』のファイナル、6月9日の東京キネマ倶楽部公演ではザ・コレクターズとはまた異なり、ギタリストとしてはもちろん、シンガーとしての彼の味が遺憾なく発揮されていた。

 愛にあふれ、ロマンに満ちた、大人の色気香るひと時。らせん階段にドレープカーテン、弧を描く2階のフロアー…レトロモダンな造りの東京キネマ倶楽部に(そう。この会場の名称には“東京”と付いている)、ギブソンES-335を抱いて煙草を燻らす姿が似合うのなんの! そして、時折見せる少年のような微笑みと、その歌声とギタープレイに表れている55年間の人生の背景と経験値の素敵なギャップ。ステージ上の古市コータローの所作に、“カッコ付けない大人はなんとカッコ良いことか!”としみじみ。

 1曲目に披露された「かわいた世界に」からもう、コータローのソロの深い味わいがじんわりと染みてくる。そして、続く「愛に疲れて」は盟友であり今作のプロデューサーでもある浅田信一とのタッグの魅力が、そこはかとない不良の匂いとともにふたりの鳴らすギターからストレートに伝わってきて、思わず感涙。また、「ホンキートンクタウン」では浅田のギターソロにコータローが拍手を贈るという微笑ましいシーンも。

 ライヴで聴いて改めて、曽我部恵一がコータローにこの歌詞を歌わせたかった理由がよく分かった「ROCKが優しく流れていた」の蒼い夢。切ないやさしさを醸し出していた「Baby Moon」。今作のテーマだった“シティポップ”全開の「シティライツセレナーデ」で聴かせたルーツの新たな開花。バラードナンバー「夏が過ぎてゆく」の風通しの良さ。…歌い奏でられる楽曲の一曲一曲で余韻を感じさせてくれるというのもまた、音楽に対する、ファンに対する彼の想いの表れだろう。

 そして、シークレットゲストとのコラボで観せた、いち音楽ファンとしての喜びがとめどもなくあふれ出た笑顔の輝きといったら! 彼のギターヒーローのひとりである内海利勝とキャロルのカバー「コーヒーショップの女の娘」と、ともにテレキャスターを鳴らしての「そんなに悲しくなんてないのさ」の2曲を共演。アンコールの「Song Like You」では、ウエノコウジをベースに愛息の古市健太をドラムスに迎え、フレッシュで若々しいパワーポップを炸裂させた。コータロー自身だけではなく、この日ここに集まった全ての人にとってのかけがえのない瞬間になったであろうことは想像に難しくない。

 “あなた、ロマンチストですね。ロマンチックが止まんない…って感じ(笑)”ーーこれは内海利勝がステージ上でコータローに向けて贈った言葉。本当にその通りだと思う。予定外のダブルアンコールで“失礼しまーす”と言いながらステージに現れた時の照れ臭そうな表情には、シャイでロマンチストな“人間・古市コータロー”が滲み出ていたから。

撮影:岩﨑真子/取材:竹内美保


セットリスト

  1. 1. かわいた世界に
  2. 2. 愛に疲れて
  3. 3. Slide Away
  4. 4. ROCKが優しく流れていた
  5. 5. それだけ
  6. 6. 泣き笑いのエンジェル
  7. 7. モノクロームガール
  8. 8. ホンキートンクタウン
  9. 9. シティライツセレナーデ
  10. 10. Baby Moon
  11. 11. 青い風のバラード
  12. 12. コーヒーショップの女の娘
  13. 13. そんなに悲しくなんてないのさ
  14. 14. Heartbreaker
  15. 15. ハローロンリネス
  16. 16. Oh! My Dear
  17. 17. いつかきっと
  18. 18. 夏が過ぎてゆく
  19. <ENCORE1>
  20. 1. Song Like You
  21. 2. MOUNTAIN TOP
  22. <ENCORE2>
  23. 君がいたら
古市コータロー プロフィール

フルイチコータロー:THE COLLECTORSのギタリストとして1987年『僕はコレクター』でメジャーデビューし、92年には初のソロアルバム『The many moods of KOTARO』を発表。THE COLLECTORSの活動の傍ら自身のGSバンド・KOTARO AND THE BIZZERE MEN、加山雄三率いるTHE King ALL STARSにギタリストとして参加しており、近年では俳優としても活動。17年9月には目白の実家に古着屋『DUST AND ROCKS』をオープンした。古市コータロー オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」