上野耕平、「The Rev Saxophone Qua
rtet」を語る<上野祭り(2)>

ソロやカルテットでの活動、吹奏楽やオーケストラとの共演、大学講師、メディアへの出演など息つく間もなく国内外を飛び回り、すでに日本を代表するサクソフォニストとしての地位を確立しながらも、いまなお爆進し続ける上野耕平。その破竹の勢いは2019年夏も続く。
Bunkamuraオーチャードホールで開催される「『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術』開催記念 読売日本交響楽団プレミアム・コンサート」(7月1日)での読売日本交響楽団との共演を皮切りに、上野自身が主宰する吹奏楽団、ぱんだウインドオーケストラによる東京オペラシティホールでの公演「ぱんだウインドオーケストラ✕山田和樹 無限の音楽世界を体感せよ!!」(8月27日)、サクソフォンカルテット「The Rev Saxophone Quartet」の公演(8月30日)、さらに、先日発表された「STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」(スタクラフェス/9月28日・29日)への出演、等々、各種コンサートへの参加予定も目白押しだ。「夏祭り」ならぬ「上野祭り」ともいえる様相を呈するこの夏を迎えるにあたり、今回は<上野祭り(2)>として、「The Rev Saxophone Quartet 」について上野から語ってもらった。
ーー8月30日(金)に浜離宮ホールで「The Rev Saxophone Quartet」(以下、「レヴ」)を開催されますね。こちらは上野さんが藝大時代の仲間と組んで活動するサクソフォンのカルテット(Sop. 上野耕平、Alt. 宮越悠貴、Ten. 都築惇、Bar. 田中奏一朗)ですね。
はい。今回はバッハを取り上げます。コンセプトはお決まりのサックス四重奏(ソプラノ、アルト、テナー、バリトン)にアレンジするだけではなく、楽器編成も自由にして、例えばバリトン4本かもしれないしソプラノ2本とアルト2本かもしれないし、そんなフレキシブルな編成・編曲でバッハを取り上げるのと、新曲委嘱をやります。あとは、うちのメンバーの宮越くんが作曲やアレンジ力も素晴らしいので、彼がずっと取り組んでいるカプースチンのピアノ曲「24のプレリュード」の全曲版をついにここでお披露目します。その3本立てになります。
ーーレヴのメンバーはそれぞれの個性が強く、4人が集まると個性の化学反応が起こってどこにもない新しい音楽が生まれる印象を受けます。
僕たちは中学生から高校生くらいの時期に出会って、お互いライバルとして意識していました。それがまさか、大人になってカルテットを組み、4人で飲みに行くほどの仲良しになっているなんて、当時は想像も及びませんでしたね(笑)。
4人はそれぞれ持ち味が違います。それが面白いんですよね。時期によっても音が変わります。いつも一緒にいるわけではなく、本番がある時だけ集まるのですが、それぞれのメンバーが直前までどういう経験をしてきたか音に透けて見えるような感じがして、それもまた面白いんです。「あー、今そういう時期なのね」みたいな。「あれ、フラれたのかな」と思って聞いてみると、やっぱりそうだったとか(笑)。ちなみにその時はやっぱり4人で飲みに行きました(笑)。
それぞれの人生経験というか日々過ごしたことが音に表れるんですよ。それが反応し合って4人の音になる。みんな予定調和を嫌う自由なキャラなので、本番は裏切り合いですね(笑)。「あれ、そんなピアニシモ出す?」とか「リハでそんなことしてなかったじゃん!」みたいなことがたくさんあります。もちろん、それが面白いんです。それぞれの人生経験が映し出された4人の呼吸を感じ取っていただければと。
もうひとつお伝えしたいのが、サクソフォン・カルテットの響きって4人とは思えないような音になるんです。それこそパイプオルガンのように聴こえることもあります。もともとサクソフォンは1本だけでも響きが豊かな楽器なのですが、4本重なることによって4本以上の倍音の響きが聴こえます。その音のシャワーをぜひ浴びて欲しいのです。それも、音響が非常に優れている浜離宮朝日ホールで味わっていただければ最高の経験になると思います。
取材・文=田尻有賀里
写真撮影=荒川 潤

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」