Superfly、夜の本気ダンス、
The Winking Owlなど
5月上旬から中旬リリースの
5作品を紹介

フリーマガジン『music UP's』vol.175(5/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、5月上旬から中旬リリースの5作品を紹介!

1.『Fetish』/夜の本気ダンス
2.『Thanksラブレター』/The Winking Owl
3.「誕生~バースデイ~」/湯木慧
4.『RED LION』/MIX MARKET
5.「Ambitious」/Superfly
『Fetish』/夜の本気ダンスAlbum 6/5 Release
    • Getting Better Records
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1588 ¥3,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-65192 ¥2,700(税抜)
トップに置いた「Ain’t no magic」の熱量満点のグルーブにいきなりガツンとやられる3rdアルバム。以下、ダンサブルなものからJ-POPとして勝負できるものまで、曲ごとに振り幅はあるものの、メンバーそれぞれに鳴らす一音一音に確信があるから、これっぽっちもぶれが感じられない。その研ぎ澄まされた演奏が印象付けるのは、ネオなところもあるガレージロックとポップなソングライティングという夜ダンの核心だ。
TEXT:山口智男
『Thanksラブレター』/The Winking OwlAlbum 6/5 Release
    • WANER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(SPECIAL DISC付)】
    • WPCL-13056〜7 ¥3,000(税抜)
    • 【通常盤】
    • WPCL-13058 ¥2,500(税抜)
元メンバーのRanmalu(Ba)が復帰し、4人体制での2ndアルバムが完成。TVドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花』の主題歌「NEW」を含め、紅一点・Luizaのエモーショナルな歌声を金看板に、ロックの矜持に貫かれたポピュラリティー抜群の楽曲が勢揃い。切なくも明るいメロディーはアリーナクラスの会場でも映えそうな説得力を持っている。初回限定盤は洋&邦のアコースティックカバー5曲を収録するSPECIAL DISC付。
TEXT:荒金良介
「誕生~バースデイ~」/湯木慧Single 6/5 Release
    • SPEEDSTAR RECORDS
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1592 ¥1,800(税抜)
    • ※スペシャルパッケージ
    • 【通常盤】
    • VICL-37474 ¥1,200(税抜)
2018年に原点回帰の意を込めたアルバム『蘇生』を発表した湯木慧が、自身の誕生日にシングル「誕生~バースデイ~」でメジャーデビューを果たす。1年間を掛けて完成させたリード曲「バースデイ」で歌っているのは、彼女が命と向き合うことで辿り着いた“真っ直ぐ前を向いて生きてゆく”という大きな決意。エモーショナルな歌声で届けるこの想いは、行く末を照らし続ける希望でもあると思う。
TEXT:千々和香苗
『RED LION』/MIX MARKETAlbum 6/5 Release
    • KOGA RECORDS
    • KOGA-214
    • ¥2,000(税抜)
デビュー20周年を迎え、6年振りとなる新作はmasasucks(the HIATUS、
FULLSCRATCH他)をプロデューサーに起用した意欲作。スカパンクを主軸にダンスロック、ニューウェイブと多彩なジャンルを取り込んだサウンドであり、清新な美メロに惹き付けられる。特にスペーシーなシンセが効果的な「STAR LIGHT」は脳内ループ必至の歌メロに酔う。また、民族楽器を用いた「ハピネス☆」にもほっこり。
TEXT:荒金良介
「Ambitious」/SuperflySingle 6/12 Release
    • WANER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • WPZL-31609〜10 ¥2,300(税抜)
    • 【初回限定盤(Blu-ray付)】
    • WPZL-31611〜2 ¥2,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • WPCL-13049 ¥1,200(税抜)
通算25枚目のシングル。表題曲はTBS系ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の書き下ろし主題歌で、現代を懸命に生きる大人たちへ届くように、寄り添いながらも激励してくれる歌詞になっていて、越智志帆(Vo)が“働くこと”について考え抜いたのが伝わる。初タッグの島田昌典をプロデューサーに迎え、ストリングスの美しい感動的なナンバーに仕上がった。カップリングはアニメ映画『プロメア』の主題歌に起用された2曲を収録。
TEXT:田山雄士

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」