イン・シンク、さらなる再結成プロジ
ェクトを検討

4月に米カリフォルニアで開かれた<コーチェラ・フェスティバル>で、アリアナ・グランデのヘッドライン・パフォーマンスにゲスト出演したイン・シンクは、この夏、さらなるプロジェクトについて検討する予定だという。
<コーチェラ・フェスティバル>では、ジャスティン・ティンバーレイクは参加しなかったものの、メンバー4人が久しぶりにリユニオンし、アリアナのヒット曲「break up with your girlfriend, i’m bored」とイン・シンクの「Tearin’ Up My Heart」をパフォーマンスし、大反響を呼んだ。
この投稿をInstagramで見る

04.14.19

*NSYNCさん(@nsync)がシェアした投稿 -

その後、当然、彼らのもとにはたくさんのオファーが舞い込んでおり、ランス・バスはそれらを検討するつもりだと『Variety』誌に話した。「コーチェラは凄かった。イン・シンクにとってビッグ・モーメントになった。僕ら、あの曲(Tearin’ Up My Heart)をダンス付きでパフォーマンスするのは1998年以来だった。だから、アリアナからあれをやって欲しいって言われたとき、僕ら“勉強し直さなきゃ”って感じだったよ。動きやハーモニーがすぐに戻ってきたのには驚いた」

「コーチェラのおかげで、僕らのもとにはたくさんの、たくさんのことが舞い込んでる。それらを検討しなかったらバカだと思うよ」「次のステップについてはまだ話し合っていない。でも、夏に集まって検討するつもりだ」

ティンバーレイクが参加するのかは未定。彼らは2018年5月にハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにイン・シンクの星が埋め込まれたとき一同に会したが、5人揃ってのパフォーマンスは2013年8月<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>で一夜限りの再結成を果たしたのが最後となる。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」