メリー、ソールドアウトのツアーファ
イナルを生中継

メリーが6月14日に開催する<メリー ONE MAN TOUR 2019「for Japanese sheeple」>日本橋三井ホール公演の模様を、ニコニコ生放送にて生中継することが決定した。
本公演はすでにチケットが完売しており、6月6日には日本橋三井ホール公演ソールドアウトを受けてマイナビBLITZ赤坂にて<メリー『for Japanese sheeple』発売記念&日本橋三井ホール完売御礼追加公演「今宵ケミカル毒ヲ飲ミ込ンデ」>と銘打った追加公演も行われていたのだが、今回生中継も行われることになったので、チケットを手に入れられなかった人、現地に駆けつけることができなかった人はニコニコ生放送をチェックして欲しい。
<メリー『for Japanese sheeple』発売記念&日本橋三井ホール完売御礼追加公演「今宵ケミカル毒ヲ飲ミ込ンデ」>では入場者全員にミニアルバム『for Japanese sheeple』デモ音源6曲入りカードを配布するなど、”6”という数字にこだわりを見せたメリー。スクリーンに映し出された時計が午後6時6分を指すと、1曲目の「Toxicosis Island」からアンコールラストの「最後の晩餐」に至るまで、合計6×6=36曲の乱れ撃ちのショウとなった。
セットリストの一部をメドレー形式やショート・ヴァージョンで演奏する趣向もある一方で、メリーの楽曲の底力を強烈に感じる瞬間をいくつも目撃できたレアな公演と言うこともできる。たとえば、バンド形式としてライヴ初披露となった「匿名希望」の情緒、THE BLUE HEARTSのカヴァー「皆殺しのメロディ」の突き抜けた爆発力、「黒い虹」の全感情を解き放ったかのような凄みなどには胸が高鳴る。アンコールで披露した久々のアコースティック編成も、メリーというバンドの歌心をダイレクトに感じる至福のひと時だった。
時には不器用で、観る者をハラハラさせることもあるけれど、メリーの優れた楽曲群と心に沁みる歌声は何ものにも代えがたい。全36曲を終えた後、予定外の「絶望」で締め括った彼らの、もがきながらも前進しようとする姿をこれからも見守っていきたい。
また、今夏には<メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~>の開催が決定している。7月から8月にかけて、銀座線沿線の会場で行なわれるこのシリーズ、会場によってはアコースティック編成を楽しめるという。こちらも要チェックだ。
■番組視聴・タイムシフトURL
https://live.nicovideo.jp/watch/lv320499692

文◎志村つくね
編集◎BARKS
写真◎中村 卓

<メリー ONE MAN TOUR 2019「for Japanese sheeple」>

6月14日(金)日本橋三井ホール ※完売
開場 18:30 / 開演 19:00

メリー ONE MAN TOUR 2019「for Japanese sheeple」-FINAL- ニコ生で独占生中継が決定
番組視聴とタイムシフト予約はこちら
https://live.nicovideo.jp/watch/lv320499692

<メリー東京圏沿線GIG #1 敷かれたレ
ール ~銀座線編~>

7月27日(土)浅草花劇場(CORE限定)
7月28日(日)浅草花劇場
8月3日(土)銀座TACT ※アコースティック
8月4日(日)上野音横丁
8月14日(水)新橋BLUE MOOD ※アコースティック
8月15日(木)赤坂天竺 ※アコースティック
8月20日(火)青山RizM
8月25日(日)渋谷ストリームホール
※詳細は後日発表

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着