King & Prince 『anan』表紙に登場! “モテる”特集で男らしい表情を披露。

King & Prince 『anan』表紙に登場! “モテる”特集で男らしい表情を披露。

King & Prince 『anan』表紙に登場!
“モテる”特集で男らしい表情を披
露。

anan No.2156(2019 年 6 月 19 日発売) Ⓒマガジンハウス

King & Prince『anan』の表紙に登場
株式会社マガジンハウス)が発行する女性グラビア週刊誌『anan』の 6月19日(水)発売・2156 号「“モテる”の秘密」特集にて、King & Prince が表紙を飾る。
1stアルバムリリース日に
ファン待望のファーストアルバム「King & Prince」が 6月19日にリリースとなる King & Prince。
その記念すべきファーストアルバム発売日に、『anan』表紙グラビアに登場する!
7月19日からは、待望のデビュー後2度目のコンサートツアー「King & Prince CONCERT TOUR 2019」の開催も決定!ますます乗りに乗っている彼ら.
【MVをみる】紅白にも出場!ドラマ主題歌「シンデレラガール」
テーマは「“モテる”の秘密」
特集テーマは、「“モテる”の秘密」。
今という時代中で男女問わず、全方位的に世の中から愛されている「人」「モノ」「コト」の秘密に迫る。
この1年、日本中に凄まじい勢いで「King & Prince 旋風」を巻き起こした彼ら。高みをめざす向上心、最強のパフォーマンス力、仲間をリスペクトしあうメンバー愛、少年のような無邪気さ、天然のツッコまれ力…まさに”モテ”の塊! メンバー全員が持つ、計り知れない「愛され力」が炸裂している。
少年っぽさと、色艶。モテ男を極める
今号のグラビアは、メンバー全員が 20 歳を超えたこともあり、シックで大人っぽいモノトーンスタイルの装いに挑戦。まだまだピュアさを残しつつ、「男らしさ」「艶っぽさ」「繊細さ」「強さ」「甘さ」…といったモテフレーズを彷彿させる、個々の持つ”愛され”要素が炸裂!!!
少年っぽさの中に、ドキッとする男の顔。たった今の“エモさ”を映し出した撮影に。
一転して、全員インタビューでは、バラエティ番組で見せてくれるような、天然で無邪気なかわいさ。女性がキュンキュンする”モテる”というパワーワードがぴったりの取材に。デビューから約 1 年、エンターテインメント界を駆け抜けてきた彼らが、ファンやメンバー同士に送る「ありがとう」の思いも必読!
【 商品概要 】
●掲載誌:anan2156 号
●特集名:「"モテる"の秘密」特集
●発売日:6 月 19 日(水)
●特別定価:580 円(税込)
●出版社:株式会社マガジンハウス
●全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売
詳しくはこちら ※(6 月 18 日夕方更新予定)
【 特集内容 】
今回の特集は「”モテる”の秘密」。いま、世間で”モテ”ている人、モノ、コトは何か? 恋愛や仕事人間関係など、あらゆる場面で愛されるためのワザをご紹介。

キンプリ"モテる"秘密とは?
<UtaTen編集部からのコメント>
歌やドラマで今モテモテのKing & Princeが雑誌の特集で登場します!
テーマは「“モテる”の秘密」!
少年っぽさの中に、ドキッとする男の色気、バラエティなどで見せる天然キャラぶりとその向上心とのギャップも、モテる秘密なんでしょうね。
最近では、連続ドラマに出演中の永瀬廉さんのクールで切ない演技も注目されてますね。
UtaTenでもKing & Prince徹底解説特集をしてるので、こちらで予習して、発売を楽しみに待ちましょう!
その日は待望の1stアルバム発売日なのでそちらもお忘れなく!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着