5月12日@静岡・静岡市民文化会館 大ホール

5月12日@静岡・静岡市民文化会館 大ホール

GLAY、
アルバム『HEAVY GAUGE』の
アンソロジー盤を掲げたツアーが開幕

令和初となるGLAYのツアー『GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL-令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE』が、5月12日(日)に静岡・静岡市民文化会館 大ホール公演を皮切りに幕を開けた。

5月8日(水)にアルバム『HEAVY GAUGE Anthology』をリリースしたばかりのGLAY。このアルバムは、ミリオンヒットナンバー「Winter, again」や「BE WITH YOU」「ここではない、どこかへ」などを収録した、1999年リリースのGLAYの大ヒットアルバム『HEAVY GAUGE』のアンソロジー盤。今回のツアーは、この『HEAVY GAUGE』のリバイバルツアーである。

会場が暗転すると、スクリーンに映像が映し出され、赤いライティングと共にステージにメンバーのシルエットが映し出され、TERU(Vo)の掛け声と共に、1曲目から新曲を披露した。MCでは、TERUが“令和最初のツアー『HEAVY GAUGE』ツアーへようこそ!”と呼びかけ、GLAYが静岡県内で公演を行なうのは、『GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt』エコパアリーナ公演以来、約4年5カ月振りであることを明かした。

そして今回のツアー初日公演を行なった静岡市民文化会館でのライブは、『GLAY TOUR 2006 ROCK ‘N’ ROLL SWINDLE 〜Re - Birth〜』以来、なんと約12年5カ月振り。“皆さん、平成を一緒に歩んでくれて本当にありがとう。今回のツアーは20年ぶりの『HEAVY GAUGE』ツアー。ここからは皆を『HEAVY GAUGE』の世界に連れて行くぜ!”と続け、シリアスな演出をバックに重量感あるサウンドで「HEAVY GAUGE」を披露した。

ライブ人気曲の「SURVIVAL」、『GLAY EXPO ’99 SURVIVAL』でも披露された「ここではない、どこかへ」、GLAYの冬の名曲「Winter, again」等を次々と展開し、会場の熱気が勢いを増していく。そんな中、爽やかな青色のライトと共にイントロが流れたのは、TVアニメ『ダイヤのA actII』オープニングテーマでもある「はじまりのうた」。爽やかで疾走感あるサウンドで、会場は一気に彩りを増した。

アンコールではTERUが今日のセットリストについて“20年来の付き合いの方には、きっと心に沁みるセットリストだったかと思う”と触れた上で、25年続けているからこそできたライブであると、観客に熱い感謝の気持ちを伝えた。“次の曲は是非とも目を瞑って聴いて下さい”と、歌詞に注目してほしいことを強調したのは、平成最後にリリースした新曲「元号」だ。この曲はGLAYとして過ごした平成という一時代が終わり、新たな時代を迎えるにあたり制作した曲である。

その後もライブ定番曲や人気曲を披露したGLAY。この日のライブを振り返り、JIRO(Ba)は”『HEAVY GAUGE』ツアー、初日を経て更に攻めていきたいという気持ちになった。(デビュー)30年に向けて、大きな目標ができた初日でした”、HISASHI(Gu)は“皆とともに20年前を思い出せた1日だった”と述べた。

TAKURO(Gu)は、“皆の応援があって、今年GLAYは25周年を迎えます。5月25日にはGLAYの25周年について、ドドンとまとめて色々なことを発表する予定です。皆さんが望むことを、今年1年で全てやってしまうと思います! 25周年、期待して楽しみに待っていて下さい”と、GLAYのデビュー日であり25周年記念の日でもある、来る5月25日(土)に、何らかの嬉しい発表があることを予告。

最後にTERUが“素晴らしい『HEAVY GAUGE』ツアー初日になりました、また全国各地で会いましょう。8月のメットライフドームでのライブは、夏祭りとして最高の2日間にするので楽しみにしていて下さい”と、新元号初の全国ホールツアー、そして25周年イヤーに突入したGLAYの夏のドーム公演での再会を誓った。令和初のツアー初日公演は、久々の場所で、GLAYが静岡へ来ることを待ち望んでいた2,000人のファンと共に、大盛況で幕引きとなった。

【ライブ情報】

■『GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL-**最初のGLAYとHEAVY GAUGE』
5月12日(日) 静岡市民文化会館大ホール
5月15日(水) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月16日(木) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月18日(土) 長野・キッセイ文化ホール
5月22日(水) 東京・NHKホール
5月23日(木) 東京・NHKホール
5月28日(火) 兵庫・神戸国際会館
5月29日(水) 兵庫・神戸国際会館
6月02日(日) 北海道・札幌文化芸術劇場
6月03日(月) 北海道・札幌文化芸術劇場
6月06日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
6月07日(金) 宮城・仙台サンプラザホール
6月11日(火) 新潟県民会館
6月13日(木) 神奈川県民ホール
6月14日(金) 神奈川県民ホール
6月18日(火) 広島文化学園HBGホール
6月20日(木) 大阪・オリックス劇場
6月21日(金) 大阪・オリックス劇場
6月25日(火) 福岡サンパレス
6月26日(水) 福岡サンパレス
http://www.glay.co.jp/live/
■『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY"」』
8月17日(土) メットライフドーム(旧:西武ドーム)
8月18日(日)  メットライフドーム(旧:西武ドーム)
http://www.glay.co.jp/live/

5月12日@静岡・静岡市民文化会館 大ホール
5月12日@静岡・静岡市民文化会館 大ホール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着