AKB48チーム8行天優莉奈、20歳の誕生
日「全力投球をモットーにがんばりた
いです!」

2019年3月14日、AKB48チーム8の行天優莉奈が20歳の誕生日を迎えた。

2019年1月14日に開催されたAKB48グループ成人式では、行天は囲み取材で「20歳の抱負」について以下のように語っていた。

「(チーム4と)兼任させて頂いていますが、チーム8内で一番公演に出させて頂いていたり、コンサートも出させて頂いています。体が19歳とは思えないくらい固いので柔軟をしっかりしていきたいと思います」
AKB48グループ成人式での行天優莉奈

AKB48グループ成人式での行天優莉奈

「私の将来の夢はモデルと女優です」

行天は20歳の誕生日を迎える前日の3月13日に自身のSHOWROOM配信で、ファンに向かって20歳の抱負を語っていた。行天はSHOWROOMを毎日配信しており、既に「まいにちアイドル」500日を超えている。

「20歳になってやりたいっことはたくさんあります」と語り出して、「20歳とは関係なく、やりたいことはたくさんあります」と。

そして「まず、AKBINGOに出演したいです。一度だけ、ひな壇に出演したことがあるんです。それ以来、出ていないので、またAKBINGOに出演したいです」と。

「また、今回SHOWROOM配信365日を記念して『アップトゥボーイ』でソログラビアをさせて頂きました。また『BUBKA(ブブカ)』4月号(白夜書房刊)でもソログラビアをさせて頂きました。とても嬉しかったですし、これからもソログラビアをたくさんやっていきたいです。私の将来の夢はモデルと女優です。5月には初めて『Tokyo Street Collection』に出演させて頂きます。今まで経験したことがないので、緊張していますが、とても楽しみにしています。これからもそのようなモデルの仕事がたくさんできたらと思っています」と昨年の振り返りと意気込みを語った。
『アップトゥボーイ』274号(ワニブックス刊)アザーカット

『アップトゥボーイ』274号(ワニブックス刊)アザーカット

『BUBKA(ブブカ)』4月号(白夜書房刊)

『BUBKA(ブブカ)』4月号(白夜書房刊)

チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

「また舞台やりたいです」

さらに「地元、香川県で、もっとたくさんイベントをしたいです。チーム8に加入した時からずっと地元でイベントがやりたいと思っています」と。

「先ほども言いましたが、私の将来の夢はモデルと女優です。一時、たくさん舞台に出演させて頂きましたが、最近は出ていません。また舞台やりたいです。演技することが好きですし、多くの方と共演して、女優としての経験を積みたいと思っています。また舞台に呼んで頂けたら嬉しいです」と。

「さらにチーム8の中でももっともっと選抜などに選ばれるような人間になりたいです。AKB48の中でも、もっともっと有名になりたいです。行天優莉奈、20歳ですが、今年も全力投球をモットーに頑張っていきたいと思います!」と笑顔で抱負を語った。
チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

「これから皆さんと一緒に一生懸命に頑
張っていくことは変わりません」

さらに、今年は恒例のAKB48グループの選抜総選挙が開催されないことについても触れて、「この1年での活動で、U-19選抜に選んで頂いたり、また今回のカップリング選抜にも選んでいただきました。今年、総選挙があったなら、初めてランクインを目指して頑張ろうと思っていました。

総選挙がないことは残念ですが、他の形で皆さまに感謝の気持ちを伝えていきたいです。これから皆さんと一緒に一生懸命に頑張っていくことは変わりません。もっともっとAKB48の中でも上を目指して頑張っていきたいです」と語った。

最後に「20歳も頑張っていきたいので、応援よろしくお願いします!」と笑顔で語っていた。

どんな仕事にも全力で取り組む行天。セクシー&キュートなパフォーマンスでファンを魅了。モデルと女優が夢と語る行天、昨年はソログラビアでも、ふだんの劇場公演やSHOWROOMでは見せない表情や衣装で注目を集めた。

20歳になった行天優莉奈の活躍に注目が集まっている。
チーム8Everybodyコンサートでの行天優莉奈

チーム8Everybodyコンサートでの行天優莉奈

チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

チーム8Foxiesコンサートでの行天優莉奈

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」