大人の魅力が光りに光る!V6の変わらないカッコよさ!

大人の魅力が光りに光る!V6の変わらないカッコよさ!

大人の魅力が光りに光る!V6の変わら
ないカッコよさ!

ワイルドさが光るメンバーもいれば、かわいい笑顔が魅力のメンバーも。
それぞれの個性が強くありながら、すばらしいバランスのとれたアイドルグループ・V6。
今回は、仲が良すぎると話題のV6について、その真相に迫ります!
イケメンが大集合・V6とは?
イケメンが集まった大人気グループ・V6。
昔から定着した人気を誇り、ジャニーズアイドルのなかでもお兄さん的存在となっています。
まずは、V6のプロフィールをご紹介します!
V6のメンバー
V6のメンバーは6人なんですが・・・年上組の「20th Century(トニセン)」と、年下組の「Coming Century(カミセン)」の2つにさらに分かれているんです。この呼び名は、一度は耳にしたことのある方も多いかもしれません。
■トニセン
・坂本昌行
1971年7月24日生まれ
東京都出身
・長野博
1972年10月9日生まれ
神奈川県出身
・井ノ原快彦
1976年5月17日生まれ
東京都出身

■カミセン
・森田剛
1979年2月20日生まれ
埼玉県出身
・三宅健
1979年7月2日生まれ
神奈川県出身
・岡田准一
1980年11月18日生まれ
大阪府出身
V6の由来は諸説あり!
V6というグループ名、「6」はメンバー6人を指しているのだとなんとなく想像がつきますよね。
では、「V」にはどのような意味が込められているのでしょうか。
実は、「V」の意味には説が多くあります。
「V」に込められた意味はひとつにとどまらず、元々バレーボールのイメージキャラクターとして就任したことからきている「Vollerball(バレーボール)」「Victory(ビクトリー)」「Versus(バーサス)」の「V」であるという説。
その他にも、司会者として活躍する井ノ原快彦を指す「Veteran(ベテラン)」、実家が八百屋の坂本昌行を指す「Vegetable(ベジタブル)」など、「V」に込められた意味の真相は謎となっています。
しかし、さまざまな意味が込められたからこその、深いグループ名となっていることには間違いなしですね!
個性がすばらしすぎるV6
V6のメンバーは、個々の個性が素晴らしいのも魅力のひとつ。
なんと、坂本は一度ジャニーズ事務所を退所し、サラリーマンになった過去があるんだとか…!ジャニーズには、なかなかない経歴ですよね。
また、長野はかなりのグルメで調理師免許・野菜ソムリエの資格あり。
俳優としても人気のある岡田は、格闘技の「カリ」「ジークンドー」の師範資格あり。
V6はアイドルなのにも関わらず、個性の強いさまざまな経歴が見られ、魅力が逢ふすぎているグループなんですよね!
個々のメンバーの性格も個性が光っています。ですが…、一人が思いっきり目立つよりも、全体がうまく調和している・そんな絶妙なメンバー構成でありながらとにかく仲がいい!とファンからも定評のあるのがV6なんです。
いつまで経ってもアイドル界を代表する仲良しグループでいてほしいですね。
V6を知るならこれを聴こう!おすすめ3曲
V6は、デビュー以降多くの名曲を生み出しています。
今回は、その中からV6を知るならこれを聴いてほしい!という3曲をご紹介します!
TAKE ME HIGHER
「TAKE ME HIGHER」は、1996年9月16日にリリースされました。
メンバーの長野博が主演を務めた「ウルトラマンティガ」のOPテーマに起用されました。
(中略)
ウルトラマンの主題歌ともあり、勢いのある楽曲となっています。
自分を信じて見えない未来に立ち向かっていく!というような、力強い歌詞に背中を押されますよね。
「いつまでも守りたい」「優しくなれればいい」ともあり、なにか大切なものを守るために強くありたいという思いが込められている、V6の代表曲のひとつです!
Super Powers

画像引用元 (Amazon)
「Super Powers」は、2019年1月16日にリリースされ、フジテレビ系アニメ「ONE PIECE」の主題歌に起用されました。
立ち向かうことや、仲間の大切さを歌ったカッコよさが光る一曲です。
「懸命に生きる事 冒険と呼ぼうか」という歌詞に、他にはないメッセージが感じられませんか?
一生懸命に立ち向かうことや、なにかを守ること。
そこにはさまざまな困難があり、得るものがあり、それこそが冒険なのですね。
また、「仲間」や「キミ」、「僕達」とあることから、ひとりではないことが伝わりますよね。
アツいメッセージが込められた人気曲です!
Can do! Can go!
「Can do! Can go!」は、1998年2月11日にリリースされたミニアルバム、「SUPER HEROES」に収録されました。
この曲は、ジャニーズジュニアなどにも歌い継がれる名曲となっています。
(中略)
前向きに未来を見据える歌詞が、勇気を与えてくれる一曲です。
一番の歌詞を見ると、まだどこかあどけない印象を受けることから、少年時代の自分を表しているかのようです。
しかし、二番になると「今の僕等の年令があの頃は大人に見えた」ともあることから、大人になった自分の言葉のよう。
過去の迷える自分に「君の道を走り抜けて」と、現在の自分が語り掛けているようですね。
深い歌詞と、耳に残るメロディが長年の人気を支える名曲間違いなし!
まだまだ大活躍!V6はとまらない!
いかがでしたか?
個々としてもグループとしても、素晴らしい魅力を持つV6。
大人の魅力だけでなく、かわいい一面も持ち合わせた彼らの人気は健在!
まだまだ活躍し続けるV6の今後に期待です。
TEXT mayuka
歌詞の意味を解読!?厳選歌詞コラム
■【歌詞コラム】晴れた空に疲れたあなたへ、V6の『ジャスミン』に癒されてみませんか
■【歌詞コラム】シンデレラに比喩される様々な物語とは?ジャニーズそれぞれのシンデレラソング

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」