バラエティもお任せです!Kis-My-Ft2の歩みと魅力

バラエティもお任せです!Kis-My-Ft2の歩みと魅力

バラエティもお任せです!Kis-My-Ft
2の歩みと魅力

みんなに愛されるアイドル、Kis-My-Ft2
ローラースケートのパフォーマンスは圧巻、ユニークな言動で冠番組は大人気のアイドル・Kis-My-Ft2。今回は、キスマイが愛される理由をみなさんにたんとご紹介します!
Kis-My-Ft2の個性豊かなメンバー
Kis-My-Ft2は、ジャニーズ事務所所属の7人組アイドルグループです。グループ名は、メンバーのイニシャルから来ており、「キスマイ」という愛称で親しまれています。
まずは、Kis-My-Ft2のプロフィールから見ていきましょう!
・北山 宏光(きたやま ひろみつ)
1985年9月17日生まれ
神奈川県出身
・千賀 健永(せんが けんと)
1991年3月23日生まれ
愛知県出身
・宮田 俊哉(みやた としや)
1988年9月14日生まれ
神奈川県出身
・横尾 渉(よこお わたる)
1986年5月16日生まれ
神奈川県出身
・藤ヶ谷 太輔(ふじがや たいすけ)
1987年6月25日生まれ
神奈川県出身
・玉森 裕太(たまもり ゆうた)
1990年3月17日生まれ
東京都出身
・二階堂 高嗣(にかいどう たかし)
1990年8月6日生まれ
東京都出身
ローラースケートが武器だ!
Kis-My-Ft2は、ローラースケートでのパフォーマンスを武器としています。
ローラースケートでのダンスやアクロバットは難しいからこそやってのけるキスマイに思わずくぎ付け!ミュージックビデオやライブなどでもその実力を披露しています。
ぜひ、Kis-My-Ft2のパフォーマンスに注目してみてくださいね。
●L.O.V.E / MV(short ver.)

Kis-My-Ft2の歩んだ道とは
現在、アイドル活動はもちろん、冠番組を持つなど多岐で活躍中のKis-My-Ft2。これまで彼らはどのような道を歩んできたのか?ご紹介します。
年下グループのデビュー「一番つらかった」
Kis-My-Ft2は、2005年に結成され、2011年にデビューしました。ジュニア時代も長かったキスマイですが、彼らが口をそろえて言う「一番つらい時期」。それは、「Hey!Say!JUMPのデビュー」だったそうです。
Hey!Say!JUMPのデビューは、キスマイより早い2007年。当時メンバーの平均年齢がキスマイより低かったHey!Say!JUMPのデビューは、キスマイにとってつらいものとなりました。
Hey!Say!JUMPのコンサートではバックダンサーを務めるなど、メンバー全員が焦りと不安を感じていた時期だったとメンバー自ら明かしています。
しかし、この経験をバネに、そして数々の経験を積み、メンバー・ファン共々待望のデビューを果たしたのです!
グループ内格差問題勃発!?
困難も乗り越えながらデビューを果たしたキスマイですが、その後ぶつかった壁は「グループ内格差」でした。
藤ヶ谷・北山・玉森の3人が前列、千賀・宮田・横尾・二階堂の4人は後列という立ち位置が暗黙の了解。
そして歌番組などで着用する衣装は明らかに色や装飾が異なるなど、「グループ内格差」をメンバー自身感じていたとバラエティ番組番組などでも明かしています。
しかし、そんな経験も乗り越え、その後千賀・宮田・横尾・二階堂の4人は、元SMAP中居正広プロデュースユニット「舞祭組(ブサイク)」としてデビュー。CD発売やツアーを開催するなど、活躍を魅せました!
さまざまな経験を乗り越えたKis-My-Ft2。彼らの笑顔の原点には、数々の秘話が隠されているのですね。
Kis-My-Ft2のおすすめ曲3選!
デビュー後、数々の楽曲を発売してきたKis-My-Ft2。CMソングとして起用されることもあり、耳にしたことがある楽曲も多いかもしれません。今回は、キスマイのおすすめ曲3選をご紹介します!
Everybody Go
『Everybody Go』は、2011年8月10日にリリースされた、キスマイの記念すべきデビュー曲です!TBS系金曜ドラマ「美男ですね」の主題歌にも起用されました。
デビューまでさまざまな経験と時間を経て、勢いよく飛び出したキスマイらしさのある、デビュー曲にぴったりの一曲です。「この時代のチャンピオン」を掴みに行ってやろう!というキスマイの熱い思いが感じられますよね。
そしてこの曲のおすすめポイントは、「チャンピオンは自分たちだけでない」と伝えるかのような歌詞です!
「この時代のチャンピオンはもしかしたら君かもしれない」というような歌詞もあり、誰もがチャンピオンになれるという勇気を与えてくれる楽曲です!
君を大好きだ
『君を大好きだ』は、2019年2月6日にリリースされました。メンバーの北山主演映画「トラさんか~僕が猫になったワケ~」の主題歌にもなっています。
大切な人を失ったとき、「あの時こうすればよかった」「もっと感謝を伝えればよかった」なんて思うことがありますよね。そんな気持ちを歌ったとにかく切ないラブソングになっています。
また、曲中にはこんな歌詞も。
「死にそうになる恋」。一見大げさな気がしますが、それほど本気で愛し、自分の全てをかけて守りたい相手がいるということは、とても素敵なことだと思いませんか?
本当に相手を想っていたのだと、歌詞の端々から伝わってきます。
切ない歌詞が心にしみる、新曲でありながらすでにキスマイの名曲になること間違いなしの楽曲です!
Re:
『Re:』は、2016年6月22日にリリースされたデビュー5周年記念アルバム『I SCREAM』に収録されています。
この曲のコンセプトは「ファンレターへの返信」。キスマイメンバー全員で作詞に挑んだ、ファンにとってもメンバーにとっても大切な曲となっています。
メンバー全員で作詞したこの歌詞、うれしいですよね。メンバーからファンのみんな、応援してくれているみんなへの想いがこめられているのが伝わります。
「僕らが迷ったときも愛し続けてくれてありがとう」という部分には、さまざまな道を歩んできたキスマイこその、熱い気持ちがこもった歌詞になっていると感じます。
このような形で「ファンレターの返信」を伝えてくれるキスマイに、更に惹かれますね!
まだまだ躍進!国民に愛されるグループに!
いかがでしたか?バラエティ面でも人気があり、国民に愛されるグループに成長中のKis-My-Ft2。
さまざまな道を歩んだキスマイの、今後の活躍にもますます期待です!
TEXT:mayuka

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen