竹原ピストル、映画『泣くな赤鬼』に
主題歌書き下ろし

竹原ピストルが、映画『泣くな赤鬼』(6月14日公開)の主題歌を担当することが発表された。
『泣くな赤鬼』は、重松清の同名短編小説を原作に、かつて鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれた高校教師とその元教え子との絆を描いた物語。『キセキ ーあの日のソビトー』の兼重淳監督がメガホンを取り、主人公の“赤鬼先生”こと小渕隆を堤真一、余命半年の元教え子“ゴルゴ”こと斎藤智之を柳楽優弥が演じる。

主題歌の「おーい!おーい!!」は、本作のために書き下ろされたという新曲だ。“己が生きる意義とは、それを探し続ける旅、即ちたんたんと確実に一歩一歩を進めることでしかつかめない”という根源的なテーマが力強く歌われた渾身の一曲となっている。

   ◆   ◆   ◆

■竹原ピストル コメント

引きずりこまれるように、すっかり親身になりながら、台本を読みました。
映画の中でも存分に描かれるであろう事柄達に野暮な干渉、邪魔をしないように気をつけながら、それでいて、この登場人物のこのときの状況、心境、自分にも身に覚えがあるなぁ。。といううっすらとした接点、共感を見つけて、そこから膨らませて書いた歌です。
物語をそっとかすめながら、そっと胸に響くような、そんな歌となっていたら嬉しいです。
素敵な作品に歌で関わる機会をいただけて、幸せです。

   ◆   ◆   ◆

この発表に合わせて、『泣くな赤鬼』のポスタービジュアルと特報映像が公開された。同映像では、主題歌「おーい!おーい!!」の一部も聴くことができる。
『泣くな赤鬼』

2019年6月14日(金)全国公開
堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈 竜星 涼 キムラ緑子 麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所 (c)2019「泣くな赤鬼」製作委員会


<竹原ピストル “One for the show tour 2019” supported by 住友生命 Vitality>

2019年
3月19日(火)静岡・静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
3月20日(水)三重・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市観光文化会館)
4月4日(木)鹿児島・鹿児島市民文化ホール第二
4月5日(金)熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
4月8日(月)大阪・オリックス劇場
4月9日(火)兵庫・神戸文化ホール 中ホール
4月11日(木)大分・別府ビーコンプラザ フィルハーモニアホール
4月12日(金)長崎・とぎつカナリーホール
4月15日(月)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
4月19日(金)広島・上野学園ホール
4月20日(土)山口・下関市民会館 大ホール
4月23日(火)石川・金沢市文化ホール
4月24日(水)新潟・新潟県民会館
4月29日(月・祝)岡山・岡山市民会館
4月30日(火・祝)福岡・福岡市民会館
5月6日(月・祝)秋田・秋田県児童会館 けやきシアター
5月7日(火)青森・リンクモア平安閣市民ホール(青森市民ホール)
5月9日(木)宮城・多賀城市民会館 大ホール
5月12日(日)香川・サンポートホール高松 大ホール
5月14日(火)愛媛・松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
5月16日(木)東京・中野サンプラザホール

※チケット料金 全席指定¥4,860(税込)
※小学生以上有料、未就学児童のご入場は同行の保護者の方の座席の範囲内で、周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただくことが大前提となります。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」