AKB48大盛真歩、SHOWROOMイベントで
『ソロコンサート〜観に来てくれたら
好きだよ~』「辛かったこともありま
したが、楽しかったです」

2019年3月1日から、SHOWROOMでAKB48グループのドラフト3期生による「AKB48Group新聞 ドラフト3期生デビュー1周年 グラビア争奪バトル!」が始まった。AKB48Group新聞でのソログラビア&独占インタビュー掲載メンバーを決めるイベントで3月10日まで開催されていた。

大盛真歩のグラビアの夢に多くファンが
集結

今回、このイベントで注目を集めたのがAKB48チームBの大盛真歩だった。

大盛真歩はイベントがはじまった3月1日にSHOWROOMで「どうしても1位を取りたい」と語り「1位になったら『さよならクロール』の花の水着を着て沖縄でグラビア撮影したい」と自身の公約をファンの前で掲げていた。

「いつかはモデルになれたらいいなと思います。ソログラビアが出来たら、夢への大きな一歩になるなと思います。だから、今回は1位を取ってチャンスをつかみたいです。そのためにも皆さんの力が必要です」とファンに意気込みを語っていた。

大盛はイベント期間中は、早朝からすっぴんで登場し、仕事で配信できない時間以外は、深夜までSHOWROOMで配信を続けている。STU48メンバーが上位を占めるなか、AKB48のメンバーとしてはトップを走ってきた。

3月9日には100万ポイント以上離れて3位だったが、逆転して2位に浮上。日本のファンだけでなく、韓国や中国からも多くのファンが大盛の配信を視聴していた。
大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

2日連続で神セトリの「まほコン!」

そして大盛は3月8日に、自身のSNSで「SHOWROOMにて、大盛真歩ソロコンサート〜観に来てくれたらすきだよ~を開催します!皆さんのリクエスト曲を募集します。沢山コメントしてね〜!」と呼びかけていた。多くのファンからSNSやSHOWROOMで多くのリクエストがあり、大盛自身が選曲をしたセットリストでソロコンをSHOWROOMで披露。

3月9日13時からと3月10日17時からの2回に分けて「大盛真歩ソロコンサート〜観に来てくれたらすきだよ~」(まほコン)を披露。

3月9日の昼公演では、韓国のAKB48ファンの間でも大人気の「ハイテンション」から始まった。AKB48の16期の神曲「抱きつこうか」やイコラブ、坂道の曲などを披露。オープニングは「ワイワイ系」だったので、中盤からは「歌詞に意味がある重い曲を歌いました」と。後半戦では、まずアカペラで「夜風の仕業」を披露。「清楚でいこうと思った」ということで、ストレートの髪に自身で作った制服を着て昼公演では19曲を歌った。


3月10日の夕方「まほコン」公演では、デビルのコスプレで登場した大盛真歩。1曲目の「わるきー(まほきー)」でいっきにファンを魅了。韓国のファンにも人気がある「Teacher Teacher」も披露。「最初は盛り上がる系の曲を選びました」と。中盤では「いろんなグループの曲を入れてみました」ということで坂道に楽曲を披露。

後半は「盛り上がる曲を選びました」と。『彼女』では涙を見せる一面もあり「これは諦めた涙ではありません。今の自分の心境と同じなので」と。最後にファンから「ロドス」のリクエストがあり、「ロドスは泣いちゃうよ」と言いながらもファンからのリクエストに応えて熱唱。両日とも神セトリだった。
大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

イベントは2位「人との絆が温かくて嬉
しかったです」

大盛真歩は「最後までやりきりましょう!」と呼びかけて最後まで諦めなかった。一生懸命にアピールする大盛に多くのファンが応えたが、残念ながら1位にはなれなかったが、見事に2位にランクイン。STU48メンバーが圧倒的に強かったが、大盛真歩はAKB48の中では1位だった。

大盛は「このイベントで、私のファンでない人や他のメンバーや先輩も応援してくれたり、呼びかけてくれました。人と人との絆が温かくて嬉しかったです。次もチャンスがあったら、全力で活動していきたいと思います」と語っていた。また「辛かったこともありましたが、楽しかったです。優しいファンが多くて嬉しかったです」と。

配信時に大盛の心が折れてしまった時には、大盛と仲良しだった先輩の元チーム8の長久玲奈もSNSで自身のファンに大盛の応援を呼びかけていた。また多くの同期メンバーも大盛のSHOWROOMに応援メッセージを寄せていた。

大盛は最後に「今回の企画を通して知ってくれた方が、これからもずっと応援してくれるように、私も頑張りたいと思います。最初はいろんな人にも無理だと言われていました。ここまで2位まで来れました。凄く大変だったこともありましたが、このイベントで皆さんとの仲を深められました。朝からすっぴんだったりアイドルらしくない姿も見せていましたし、喜怒哀楽の全てを出してしまいましたが、とても楽しかったです」と語っていた。
大盛真歩(左)と元チーム8の長久玲奈

大盛真歩(左)と元チーム8の長久玲奈

SHOWROOMだけでない大盛真歩の魅力

今回のイベントで初めて大盛真歩を知った人も多い。今回のSHOWROOMでもキュートな笑顔と他愛のないトークで多くのファンを魅了した大盛真歩。大盛の魅力はSHOWROOMだけではない。

大盛は2018年9月から始まった⾼橋朱⾥チームB「シアターの⼥神」公演では初日メンバーとして劇場デビュー。IZ*ONEの活動のため休演となった本田仁美の代理として急遽3日前に出演が決定したにもかかわらず、見事なパフォーマンスを披露。

2018年9月にはチーム8の長久玲奈とともに「じゃんけん大会」に『超大盛』コンビとして出場し話題に。2018年10月にはU-19選抜2018にも抜擢。「NO WAY MAN」のTypeCでは「おはようから始まる世界」では研究生ながら多くの先輩メンバーとともに参加。

さらに2018年11月から始まったAKB48研究生「パジャマドライブ」公演にも出場。2018年12月8日に開催された「AKB48劇場13周年特別記念公演」で研究生から昇格。これからの活躍が期待されているAKB48の注目メンバーの1人。今回は1位を獲得できなかったが、多くのファンが大盛真歩のグラビアを楽しみにしている。
大盛真歩(左)と元チーム8の長久玲奈

大盛真歩(左)と元チーム8の長久玲奈

大盛真歩:SHOWROOMソロコン(3月9日)
昼公演セットリスト

M0:overture
M1:ハイテンション(AKB48)
M2:春の光 近づいた夏(AKB48)
M3:抱きつこうか(AKB48)
M4:Want you!Want you!(=LOVE)
M5:伝説の魚(AKB48)
M6:アンダー(乃木坂46)
M7:だらしない愛し方(AKB48)
M8:細雪リグレット(AKB48)
M9:愛しさのアクセル(高橋みなみ)
M10:それでも歩いてる(欅坂46)
M11:コイントス(AKB48)
M12:夜風の仕業(AKB48)
M13:僕はいない(NMB48)
M14:だから君が好きなのか(AKB48)
M15:バンドワゴン(ラストアイドル)
M16:何度目の青空か?(乃木坂46)
EN1:瀬戸内の声(STU48)
EN2:NO WAY MAN(AKB48)
EN3:思い出せてよかった(STU48)

大盛真歩:SHOWROOMソロコン(3月10日
)夕方公演セットリスト

M0:overture
M1:まほきー(渡辺美優紀「わるきー」)
M2:Teacher Teacher(AKB48)
M3:嵐の夜には(AKB48)
M4:ダンケシェーン(乃木坂46)
M5:それでも好きだよ(指原莉乃)
M6:LOVE修行(AKB48)
M7:タネ(ノースリーブス)
M8:アクシデント中(AKB48)
M9:コイントス(AKB48)
M10:最高かよ(HKT48)
M11:優しくするよりキスをして(渡辺美優紀)
M12:翼はいらない(AKB48)
M13:Against(乃木坂46)
M14:夏の花は向日葵だけじゃない(欅坂46)
M15:永遠の白線(けやき坂46)
M16:ファースト・ラビット(AKB48)
M17:涙の表面張力(AKB48)
M18:ペダルと車輪と来た道と(STU48)
M19:青空が違う(欅坂46)
M20:今ならば(さやみるきー)
M21:手遅れcaution(=LOVE)
M22:ずっとずっと(AKB48)
M23:てもでもの涙(AKB48)
M24:彼女(宮脇咲良)
M25:暗闇(STU48)
M26:ここがロドスだ、ここで跳べ(AKB48)
大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

大盛真歩(2019年1月の研究生コンサート)

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」