2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)

2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)

【ORESAMA ライヴレポート】
『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL
THE FINAL』
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST

2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(ORESAMA)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(PENGUIN RESEARCH)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(PENGUIN RESEARCH)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(fhána)
2018年11月9日 at TSUTAYA O-EAST(fhána)
 ORESAMAがゲストを招いて行なっていたイベント『FLAT NIGHT CARNIVAL』のファイナル公演『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL THE FINAL』が11月9日にO-EASTで開催された。平日の夜をもっと楽しもうという主旨で2016年4月O-nestから始まり、1年間定期開催されたあと2017年4月にはO-WESTへと規模を拡大するなど、これまでジャンルを超えた数々のアーティストとともに作り上げた本イベントに今回登場したのは、fhánaPENGUIN RESEARCH。ファイナルにふさわしい豪華3組の共演に会場の熱は上がりっぱなしだった。

 トップバッターはfhána。カウントが刻まれtowana(Vo)が「Hello!My World!!」を歌い始めると、開場と同時に立錐の余地がないほどの人で埋め尽くされたフロアーから大きな歓声が上がってライヴはスタートした。7曲を披露したこの日のステージは、さまざまなポップミュージックの要素を取り込んで再構築させたfhánaの世界観が詰まったセットリスト。andropの前田恭介(Ba)とキンモクセイ/HALIFANIEの張替智広(Dr)がサポートするリズムにのせた佐藤純一(Key&Cho)、yuxuki waga(Gu)kevin mitsunaga(Sampler&Glocken)の自由度の高い演奏が楽しく、その音に導かれるようにメロディーを捕まえて歌うtowanaの伸びやかな歌声が、「Do you realize?」ではエモーショナルに、フィリー・ソウルテイストの「青空のラプソディ」ではハッピーに会場を包み込んでいた。

 2番手はPENGUIN RESEARCH。fhánaが作った多幸感の余韻を切り裂くような「ハードロック★パラダイス」で一瞬にして自分達のフィールドに観客を引き込むと、「嘘まみれの街で」「雷鳴」と続けてモッシュの嵐を巻き起こし、フロアーの熱をマックスに引き上げた。重心の低い分厚いサウンドにリリカルなメロディーが聴き手の心を奪うPENGUIN RESEARCHの楽曲は、生田鷹司(Vo)の緩急あるパワフルな歌声と世代を超えて共感できる歌詞で世界観が無限に広がる。全8曲のセットリストに込められた彼らの思いがフロアーを埋め尽くしたひとりひとりの心に刻まれ、一夜限りのパーティーにふさわしいステージだった。

 トリはもちろんオーガナイザーのORESAMA。色の違う2バンドの熱気が残った会場の照明が落とされ、色とりどりのレーザーライトが放たれる中、DJ MONICOのプレイに導かれてサポートの三浦光義(Ba)とともに小島英也(Gu)とぽん(Vo)が登場すると、この日1番の歓声が上がった。「流星ダンスフロア」でフロアーを揺らすと“踊りましょう!”というぽんの言葉でお客さんの手が挙がり、フライデーナイトのO-EASTは巨大な週末のディスコへとかたちを変えた。中盤ではクリスマスソングの「ヨソユキノマチ」を披露。ぽんの優しい歌声とそれに寄り添うような小島のギターが上がり過ぎた熱をクールダウンさせ、観客は静かに体を揺らしていた。ユニットの新しい一面を見せてくれた最新シングル「ホトハシル」からの後半は、ふたりが大事にしているお馴染みのナンバー「銀河」とORESAMAのキラーチューンとも言える「ワンダードライブ」へ。熱いコールと鳴りやまない拍手の中『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL THE FINAL』は幕を下ろした。

撮影:江藤はんな(SHERPA+)/取材:山村哲也


セットリスト

  1. 【fhána】
  2. 1.Hello!My World!!
  3. 2.little secret magic
  4. 3.Do you realize?
  5. 4.Relief
  6. 5.World Atlas
  7. 6.青空のラプソディ
  8. 7.Outside of Melancholy 〜憂鬱の向こう側〜
  9. 【PENGUIN RESEARCH】
  10. 1.ハードロック★パラダイス
  11. 2.嘘まみれの街で
  12. 3.雷鳴
  13. 4.旅人の唄
  14. 5.少年の僕へ
  15. 6.WILD BLUE
  16. 7.敗者復活戦自由形
  17. 8.近日公開第二章
  18. 【ORESAMA】
  19. 1.流星ダンスフロア
  20. 2.Waiting for...
  21. 3.ヨソユキノマチ
  22. 4.迷子のババロア Remix
  23. 5.cute cute
  24. 6.Trip Trip Trip
  25. 7.ホトハシル
  26. 8.銀河
  27. 9.ワンダードライブ
ORESAMA プロフィール

オレサマ:渋谷から発信するふたり組ユニット。80'sディスコをエレクトロやファンクミュージックでリメイクしたミュージックを体現! その新感覚はイラストレーターうとまる氏のアートワークやミュージックビデオと相乗効果を生んで新世代ユーザーの心をとらえている。2018年4月には待望のメジャー1stアルバム『Hi-Fi POPS』をリリースした。ORESAMA オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。