SF9

SF9

SF9、
新曲「Now or Never」の
メイキング映像を交えたMVを
『GYAO!』にて配信スタート

K-POPの9人組ダンスボーイズグループ・SF9の新曲「Now or Never -Japanese ver.-」のメイキング映像を交えたオリジナルMV「Now or Never -Japanese ver.-(Making Version)」が11月7日(水)より『GYAO!』にて配信開始となった。

このオリジナルMVは「Now or Never -Japanese ver.-」の未公開だったMV撮影風景を交えたスペシャルパージョンで、作品を完成させていくメンバーのオフショットが満載! 同曲はABCテレビ、映像配信サービス『GYAO!』で放送中のテレビドラマ『KBOYS』の主題歌にもなっており、ドラマの盛り上がりと共にSF9の新たな魅力に触れられるオリジナル映像にぜひ注目してほしい。

ヨンビン、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、ジュホ、テヤン、フィヨン、チャニの9名で構成されたSF9は、2016年10月にシングル「Feeling Sensation」を発表し、韓国の音楽シーンに正式デビュー。2017年6月7日にはワーナーミュージック・ジャパンより「Fanfare」で日本メジャーデビューを果たし、2018年5月末には初の『Zepp Tour』を敢行。10月31日(水)リリースのシングル「NOW or NEVER」は、11月12日付のオリコン週間ランキングで最高位となる3位を獲得した。

■『Now or Never -Japanese ver.-(Making Version)』
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00107/v09818/v0947100000000540211/
シングル「NOW or NEVER」2018年10月31日(水)発売
    • 【初回限定盤A】(CD)
    • WPCL-12962/¥1,200
    • <収録曲>
    • 01. Now or Never -Japanese ver.-
    • 02. Different -Japanese ver.-
    • ◎特典
    • ・トレーディングカード[初回限定盤A ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
    • ・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)
    •  
    • 【初回限定盤B】(CD)
    • WPCL-12963/¥2,500
    • ※LPサイズジャケット仕様
    • ※LPサイズ2019カレンダー封入
    • <収録曲>
    • 01. Now or Never -Japanese ver.-
    • 02. PHOTOGRAPH -Japanese ver.-
    • ◎特典
    • ・トレーディングカード[初回限定盤B ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
    • ・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)
    •  
    • 【通常盤】(CD)
    • WPCL-12961/¥1,200
    • <収録曲>
    • 01. Now or Never -Japanese ver.-
    • 02. PHOTOGRAPH -Japanese ver.-
    • ◎初回プレス分のみ封入
    • ・トレーディングカード[通常盤ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
    • ・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)
SF9

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」