【インタビュー】 浅草の人力車を引っ張る5人組ユニット・東京力車、男気溢れる彼らの素顔を徹底解剖!!

【インタビュー】 浅草の人力車を引っ張る5人組ユニット・東京力車、男気溢れる彼らの素顔を徹底解剖!!

【インタビュー】 浅草の人力車を引
っ張る5人組ユニット・東京力車、男
気溢れる彼らの素顔を徹底解剖!!

自己紹介も兼ねた好きな浅草グルメをご紹介
――東京力車さんは、UtaTenに初登場なので自己紹介も兼ねて好きな浅草グルメ、最近よく聴いている音楽を教えてください!

石橋拓也:東京力車のリーダーをやっています石橋拓也です。出身が静岡県になりまして、好きな浅草グルメは、大学芋です。僕の中で大学芋ってパサパサしているイメージだったんで敬遠しがちだったんですけど、浅草の大学芋は夏場でもいけちゃうぐらいなんです!それぐらい口どけがどの季節でもぴったりなんで、それほど僕を魅了してくれました(笑)

――面白いですね(笑)!よく聴く曲についても聞かせてください。
石橋拓也:昔から清木場俊介さんが好きで、よく聴いているんですが、中でも『今。』っていう曲が良いですね。前を向いていこうというメッセージ性が強い曲なんですが、毎日それを聴いて頑張ろうって思わせてくれています。
渡邉善央:渡邉善央です。22歳です。出身は埼玉で、甘いものが大好きです。浅草の好きなグルメは、花月堂っていうお店のメロンパンです。外はカリッカリで、中は潰れるぐらいふわふわなんですよ。それがたまんないですね。あと、シルクプリンっていうプリンがめちゃめちゃ美味しいので、ぜひ食べて見てください。

――最近よく聴く音楽は?
渡邉善央:『ラ・ラ・ランド』のサントラを朝聴くのが好きで!夢を追う人にはぴったりな曲で、ずっと聴いているんですよ。映画も何回も観て大好きなんです。

――『ラ・ラ・ランド』の曲は英語ですよね。英語喋れますか?
渡邉善央:英語喋れないです(笑)

――人力車をやっていると、外国人のお客さんも乗られると思いますが、英語は勉強中?
石橋拓也:勉強中ですね。
渡邉善央:勝手に沁みついていくものなのかもしれないですね。
全員:(笑)
田井裕一:名言出たね!情熱大陸みたい。(笑)
渡邉善央:同じ場所で同じガイドを何回もやっていくじゃないですか?そうするとだんだん覚えてくるんですよね。

田井裕一:田井裕一です。転勤族なんですけど、出身は兵庫の西宮市で、東京に上京してきました。好きな浅草グルメは、まだ好きになりかけなんですけど、もんじゃ焼きです。

――好きになりかけですか!(笑)
田井裕一:元々関西人なので、お好み焼きのイメージがあったんですけど、初めてもんじゃを見たときに、「なにこのべちゃべちゃの!」ってなったんですよ。
全員:(笑)
田井裕一:浅草に来てびっくりしたのは、ごちゃごちゃに混ぜて水を入れるんですよ!食べ方も、ヘラで押して食べるっていう…。でもトッピングがめちゃめちゃ多くて、ベビースター入れたりとか、明太子チーズとか入れたり。デザートもんじゃっていうのがあって、そういうやつも好きなんです。最近あんまり食べていないんですが、衝撃的な味としては浅草もんじゃですね。

――デザートもんじゃって中身はどんな感じなんでしょうか?
田井裕一:イチゴとか、カマンベールチーズとか色々入っていますね。お好み焼きでいた人間からしたら驚きがいっぱいありました!好きな音楽は、SMAPさんの曲です。去年解散しちゃったんですけど、小学生の頃からずっとテレビを見ていると必ずSMAPさんがいたんですよ。それが印象に残っているし、今でもドラマとかを見ているぐらい好きなんです。目指すべきアーティスト像なのかな?って。

――ではぜひ、浅草のSMAPに!(笑)
田井裕一:はい!ちょうど5人ですし、浅草のSMAPになりたいですね!

白上一成:白上一成です。出身は、琵琶湖の滋賀県です。今は24歳で、好きな浅草グルメはもんじゃコロッケですね。もんじゃコロッケは食べ歩きできる奴なんですけど、外はサクサクで中はジューシーなんですよ。

――美味しそうですね!
白上一成:手軽に食べられるし 、味も明太子チーズなど色々あるので、もんじゃコロッケはおすすめかなと思います。最近よく聴く音楽は清水翔太さんです。元々好きなんですが、僕、関西から半年前に東京に上京してきたときに『HOME』という曲をずっと聴いていて。凄く好きな曲ですね。
山田和則:山田和則です。愛知県出身の20歳で、ユニットでは最年少になります。浅草のグルメは、もんじゃコロッケって言おうと思ったんですけど、言われてしまったので…(笑)浅草にあるホッピー通りの街並みの雰囲気も好きだし、ご飯も美味しい所がいっぱいあります。一度は足を止めたくなる感じがいいですね。昔よく聴いていた音楽はバラード系だったんですけど、最近はジャニーズが好きです。ユニットとジャニーズって似ている所があるんじゃないかなって思うし、僕等も元気や勇気を与えられるような曲を届けたいなって思うので、色を出せるキラキラした感じを出したいんです。だからジャニーズが好きですね。

――皆さんでご飯に行かれたり、飲みに行かれたりはしているのでしょうか?
渡邉善央:行きますねー。仲が良すぎて怖いです。
山田和則:この間、みんなでバッティングセンターに行ってましたからね!

――スポーツはこれまでに皆さんされていたのでしょうか?
白上一成:僕がサッカーをやっていました。
山田和則:僕は陸上をやってましたね。
渡邉善央:あとの3人は野球をやってました!

新メンバーが加入した経緯
――新メンバーの皆さんはオーディションで決まったそうですが、オーディションを受けた経緯を教えてください。

山田和則:高校してすぐに、東京に上京したんですが、これまでに色々なオーディションを受けたりしていて。上京した理由も芸能界に入りたかったっていうのがあったんですが、たまたま東京力車っていうユニットを見つけたんです。すごく面白いなと魅力を感じたし、ただ歌って踊るじゃなくて、浅草で人力車を引いてその文化的なものを伝えつつ、届けるっていう所に惹かれて受けた形です。珍しいユニットだな、男!って感じがするって思いました。

――白上さんはいかがでしょうか?

白上一成:僕が、東京力車のオーディション受けるきっかけっとなった のは、元々シンガーとして活動していたからなんですが、なかなか受かる事ができなかったんです。最初は東京力車のオーディションがある事を知らずに、人力車の仕事を始めたんですよ。元々浅草の古き良き下町とか、人力車を引っ張っているお兄さんがカッコ良いなって思ってやっていたんですけど、たまたま東京力車のオーディションがあるっていう事を知りまして、それでオーディションを受けてメンバーになれたんです。

――人力車入りだったんですね!
白上一成:そうですね。元々最初はそんな感じだったんですけど、たまたまチャンスが訪れた感じです。
――田井さんはいかがですか?

田井裕一:僕は、学生の時からの夢が社会の先生になることでした。歴史も好きで、教育実習も やっていたし、色々な大学の学生と100人で旅行に行ったりとか、そういう企画みたいな事をして、多国籍の人と交わるのがすごく好きだったり。そこから海外に行ったりしたときに、改めて感じたのが日本って住みやすいし、人はあたたかいし、日本の良さって思っている以上にまだまだ世界に知れ渡ってないなってふと思って、そういうのを伝える場が欲しかったんです。それでたまたま見つけたのが、東京の浅草で人力車引っ張っているお兄さんたちが、歌って踊ってアクロバットまでしているところ。海外の人って言葉じゃなくて、仕草とか、パッションとかで通じるものがあるらしいので、そういうのを通して伝えたいなって思いました。それを受けたおかげで、今ここにいることができています(笑)

――リーダーにお伺いしますが、初めて新メンバーと会ったときの印象を教えてください。
石橋拓也:びっくりするぐらいバラバラだったんですけど、まずかず(白上一成)は、真面目なんですよね。すごく低姿勢でした。そしてノリ(山田和則)は、可愛がられるタイプだと思ってて、元気も良いし、声も通るし。生意気だなって感じるかと思ったらそういう子ではなくて(笑)可愛いくて、愛されキャラだなって思います。
山田和則:ありがとうございます!!(笑)
石橋拓也:彼(田井裕一)はですね、グループ内で一番の自由人。
全員:(笑)
田井裕一:そんなことはない!
石橋拓也:自由人だし、優しいし、気も使えるんですよ!僕でさえキュンとさせられます(笑)
田井裕一:あとで、大学芋買ってあげる。
全員:(笑)
『Japan Expo』に異例の2回目出演
――『Japan Expo』に2回目の出演ですが、決まったときはどういうお気持ちになりましたか?

渡邉善央:いやもう、嬉しかったですね。一回経験しているのでわかるんですけど、僕たちが初めて行ったときにびっくりしたのが、人力車がめちゃめちゃ人気だったんですよ。お客さんが実際に人力車に乗ることができる体験ブースがあったんですけど、そこでは行列がどこまで続くのか?っていうぐらい物凄い人気で。ステージでもお客さんが温かい笑顔で迎えてくれて、盛り上がってくれたんです。今年行くのも楽しみですし、去年より進化した東京力車のパフォーマンス見せられるようにしたいです。

――フランスに行ったらしたいことって、ありますか?
渡邉善央:観光ですけど、欲を言えば、エッフェル塔とをにいきたいですね。

――前回は行かれなかったんですか?
渡邉善央:スケジュールがタイトだったので、なかなかそういう時間を作れなかったんです。今年こそはいきたいですね!

――エッフェル塔と人力車のコラボはみたいですね!
全員:(笑)
渡邉善央:やりたいっすね!
石橋拓也:人力車で走っちゃいけない場所もあるらしいので、ちょっと怖いですけどね。(笑)エッフェル塔に確認してみます。

――普段日本でもライブをやられていると思いますが、お客さんにはどんな感じにノってもらいたいですか?
渡邉善央:テーマが男、男、祭りっていう感じなので、祭りに来た感じにのってもらえればと。一緒に手を振ったりするコールもあるので、やって頂ければ嬉しいです!

石橋拓也:まだ実現出来ていないんですが、僕等にはオリジナルの手ぬぐいがありまして、その手ぬぐいを振って一体感を作ったりもするんです。手ぬぐいをお客さんに買ってもらって、湘南乃風さんの曲じゃないですけど、ぜひ回してほしいですね。僕等と一緒に汗をかいて欲しいです。
田井裕一:お出かけにも使えるような色合いのタオルなので、ぜひ買って欲しいですね(笑)
――『Japan Expo』では新曲も披露されるんですよね。
田井裕一:はい!ノれる曲ですね!
白上一成:盛り上がる感じになると思います。

――最初のシングルに入っている『俥気』は、男臭い感じがして、新曲とは声のトーンも結構違いますよね。割と新曲の方がキーが高かったり。
石橋拓也:そうですね。

――昔の曲は図太い声で歌われていましたが、現在はキャピキャピしている感じがあります(笑)。
渡邉善央:時代が変えたんでしょうね(笑)
石橋拓也:誰が言うとんねん!
渡邉善央:ぜひ、楽しみにして頂きたいですね。

お気に入りのフレーズ!
――『Japan Expo』で歌唱される曲の中から、皆さんがお気に入りのフレーズを教えてください。
石橋拓也:僕は『RUN!』の「たまに歩いても来た道を戻ることがあってもそんな日もある寄り道してもいいんだ」が凄く好きですね。頑張ろうという前向きな曲ではあるんですが、真っ直ぐ過ぎない所というか、プレッシャーをかけすぎない所がよくて。前向きさとのギャップが好みですね。

――やっぱりリーダーが一番『RUN!』の歌詞のような部分を感じますよね。
石橋拓也:そうですね。人間は強い生き物だとは思っていないので、こういう歌詞にはすごく惹かれてしまうんです。
山田和則:僕は『RUN!』の「負けちゃいけないのはいつもいつも自分自身目指すもの思い出して言葉にしよう」が好きです。自分に甘える事があったりしたので、この歌詞はとてもあてはまりました。そして自分自身の戦いかなって感じる事もあるので、良い歌詞だなって。

――田井さんはいかがですか?
田井裕一:僕は『RUN!』も好きなんですけど、新曲の「生まれてこの方向かい風(風まかせ運まかせ)四の五の言わず見せつけましょう(俺たちの心意気)」がいいですね。ここ僕のパートでもあるんですけど、結構思い入れがあって。学生時代を今まで過ごしてきて、メンタルが落ちる時期が結構多かった人生だったんですよ。順調だった訳じゃないけど、負けずにいたからここにあるっていうような所があったんです。苦しみながらも結果で見せつけてやろうっていう反骨精神もあれば、それでも応援してくれている家族もいたので、その期待に応えようって思わせてくれたのがこの歌詞で。そういう気持ちで歌っています。
渡邉善央:僕は『俥気』の「粋なあの子をふわりと乗せて」ですね。ここは歌っていて好きな所なんです。

石橋拓也:この歌詞って実話?
渡邉善央:(笑)自分の大切な人をね、想像してリードしていく感じですね。僕等だったらお客さんを引っ張っていくっていうそういう気持ちがあって、この歌詞とかぶせて歌っていますね。

――「ふわり」って言葉は余裕感あっていいですね。
石橋拓也:そうですよね。
田井裕一:黙ってついて来いよ感があるっていうか(笑)
渡邉善央:語らずともっていう感じがありますし、そういう男になりたいですね。それにこれが出来たら人力車のガイドっていらないと思うんですよ。(笑)

――白上さんはいかがですか?
白上一成:僕は東京力車を知ったとき、『RUN!』が一番初めだったんですが、中でも「夢をあきらめないで君ならできる走って走って力の限り」が好きです。僕自信も関西でオーディションを受けてきて、全然実らなくて…。それでも夢を諦めずに上京してきて、あくまで通過点なんですけど、こういった形で新メンバーとして加入することが出来て、自分自身の経験も重なってきました。夢を諦めずに頑張っていれば、叶うんだっていう事をリスナーの人に感じてもらって、頑張ろうって思ってもらえるフレーズだと思います。メンバー色々夢っていうものがあると思いますが、その中で、重なる部分が『RUN』の中ではあると思うので。

東京力車からのメッセージ

――最後にUtaTenの読者にメッセージをお願いします。
石橋拓也:僕等は、浅草にいつもいますが、浅草や他の場所でもライブをやれる機会をどんどん増やしていけるように頑張っていきたいと思いますし、人力車でも一人でも多くのお客さんと出会えるようにやっていきますので、これからもよろしくお願いします。
渡邉善央:浅草という所は、下町の風情が残る場所であったり歴史が残る場所です。人の温かみも感じられるので、人力車にもぜひ乗っていただいて、楽しんで欲しいです。僕等も楽しくさせますし、一人でも多くの方に笑顔になって いただけたら嬉しいです。
田井裕一:浅草っていう街は、若い子からご年配の方もそうですし、国籍問わず色んな方が来る場所ですが、もっと僕たちが認知度を上げていきたいなって思っているので、『Japan Expo』や ライブなどで東京力車として盛り上げていきたいと思っています。 また、僕も人力車の事はまだまだ勉強中なので、人力車に乗った方と一緒に「ここも知らなかったね!」って楽しめる場としてやっていきたいですし、この浅草っていう所が東京の次の中心になるような場所にしていけたらいいなって思います。
白上一成:若い方は渋谷に行きがちだと思うんですが、浅草は、古き良きものが残っている場所なので、そこの部分を僕らはエンターテイメントを通じて、海外の方にも浅草の良さを知ってもらいたいです。なかなか日本人っていうと、音楽にしてもなかなか評価されない所があると思うので、「日本人ってこんなにすごいんだ!」っていう事を海外の方にも知ってもらえるようなグループになりたいです。
山田和則:日本ならではの浅草の良さを東京力車として伝えるのも勿論なんですが、僕等ユニットとして、歌やダンスやアクロバットを通じて日本の良さを伝えられたらと思っています。『Japan Expo』で人力車の俥夫の格好をして歌うのも魅力と感じてもらえると思います。まだ浅草について勉強中ですが、精一杯頑張るので応援して頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。
TEXT:愛香
PHOTO:片山拓
撮影協力:ふなわかふぇ

プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
6/24 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」