【シシド・カフカ、Silent Siren、U
NIST、LIFriends】『日本工学院ミュ
ージックカレッジ presents 「OVER
HEAT 2013」〜僕たちがつなげる20年
日記〜』2013年7月13日 at 赤坂BLIT
Z

取材:榑林史章

 日本工学ミュージックカレッジ蒲田キャンパスの学生が制作・運営、20周年を迎えたライヴイベント『OVERHEAT 2013』が、7月13日に赤坂BLITZで開催された。出演した4組はジャンルもスタイルもさまざまだったが、学生スタッフの熱意がアーティストや観客にも伝わり、見事な一体感で最初から最後まで熱く盛り上がった。

 トップバッターのLIFriendsは“まずは身体をほぐしましょう”と、オリジナルのラジオ体操からスタートし、メジャーデビュー曲「愛して止まないロックンロール」など全5曲を披露。ノリのいいダンスナンバーあり、激しい展開あり、ラップありと多彩に聴かせた5人。ステージを所狭しと駆け回り、ユーモアあふれるMCで会場を沸かせたヴォーカルのSHUNKUNは、最後に客席に降りて、観客と肩を組んで何度もジャンプ。“みんなを応援するために、ここで歌い続けます!”と、学生に応援メッセージを贈った。

 2番目に登場したUNISTは、メンバー3人がアコギを弾きながら歌うユニークなスタイル。圧倒的なアコギのアンサンブル、歌だけでなくヒューマンビートボックスやラップも聴かせ、さらに巧みなMCでも観客を盛り上げた。この日は1stアルバム『UNIST』から「ONE DAY」など5曲を披露。家族への想いを綴ったバラードではしっとりと聴かせ、爽やかな青空を想像させるサンバ調のナンバーでは、観客はタオルを回して盛り上がる。最後に“連日の暑さは、みんなの熱気のせいだったんだね”と、会場の盛り上がりを賞賛した。

 “シシド・カフカ、参ります!”との一声で始まった、3番手シシド・カフカのステージ。長い黒髪を振り乱しながらのドラム演奏は、美しさもありながら、圧倒的な迫力。この日は、最新シングル「キケンなふたり」やCM曲としても話題の「Hunger×Anger」など6曲を披露。熱くエモーショナルな歌声と、彼女の繰り出す激しいビートで会場はさらに熱さを増し、中にはモッシュをはじめる観客も。“夏フェス先取りみたい”と、お祭りさながらの盛り上がりに嬉しそうな表情を見せた。

 イベントを締め括ったのは、Silent Sirenのステージ。夏らしくマリンルックの衣装に身を包んだ4人が登場すると、会場は大きな歓声で沸いた。メジャーデビュー曲の「Sweet Pop」をはじめ、全5曲を披露した4人。花火の情景を綴った「Star Mine」では、ベースのあいにゃんがヴォーカルを聴かせ、キーボードのゆかるんはショルダーキーボードで観客をあおりながら演奏する場面も。またヴォーカルのすぅは、地元の友達が学生スタッフのひとりだったそうで“またみんなと一緒に仕事したいね”と、未来の音楽関係者にエールを。“オッオッオオー”とコーラスをみんなで合唱した夏ナンバー「ビーサン」では、カラフルな風船が落ちてくる演出もあり、イベントを華やかに締め括った。
シシド・カフカ プロフィール

シシド・カフカ:メキシコ出身。ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。13年9月に1stアルバム「カフカナイズ」発売。フジテレビ『新・堂本兄弟』『ファーストクラス』への出演や、『PRETZ』『SONY WALKMAN®』『Levis®』などのテレビCMでも話題に。15年6月にはセッションミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』をリリース。各フェスへの出演の他、女優、モデルなど、多方面で活躍中!シシド・カフカ オフィシャルHP

SILENT SIREN プロフィール

サイレントサイレン:2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称“サイサイ”として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、15年にガールズバンド史上デビューから最短で日本武道館ワンマンライヴを開催。17年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる日本武道館2デイズ公演を成功させ、18年は自身最多となる33公演のライヴハウスツアーを完走。デビュー6年目を迎え、さらに勢いを増す唯一無二のガールズバンド。SILENT SIREN オフィシャルHP

UNIST プロフィール

3人のシンガー・ソングライターによるユニット。個性(unique)を持ち寄ってギターを弾く(stroke)ことから“UNIST”と命名。キャップがアイコンのハイテンションなリーダー=GAKU、ハットがトレードマークのジャズ・フリーク=TAMA、サングラスが目印の末っ子ムードメーカー=ZENがそれぞれの声とアコースティック・ギターでプレイするスタイルは、路上ライヴを行なっていたことが大きく影響している。2011年10月、インディーズで1stシングル「キエナイ花火」を発表。色とりどりのハーモニーを武器に、リリースやライヴを精力的に重ね、2012年9月にシングル「無限フライト」でメジャー・デビューを果たした。2013年6月には、メジャー1stアルバム『UN1ST』をリリース。同年12月公開したドラマ『半沢直樹』をパロった「カンフーパンチ」のキャッチーなMVも大いに話題を呼んだ。また、関ジャニ∞やV6らに楽曲の提供も行なっており、その作曲センスを存分にアピール。2014年1月には、インディーズ時代のミニ・アルバム『Who are U?』にシングル「キエナイ花火」「あしあと」を追加し、新曲「カンフーパンチ」をプラスしたミニ・アルバム『Who are U? +Plus』を発表。オフィシャルHP
UNIST Official twitter
GAKU Official Twitter
TAMA Official Twitter
ZEN Official Twitter

LIFriends プロフィール

東京都立羽村高校の軽音楽部出身のメンバーにより、2007年に結成。ロックでキャッチーなメロディをもとにした“メロディラップ”という独自のジャンルをコンセプトとする、パーティロックバンド。バンド名は“Life”と“Friends”を掛け合わせた造語で、メンバー全員により決定した。2013年7月、1stシングル「愛して止まないロックンロール」で<テイチクエンタテインメント>よりメジャーデビュー。TBS『CDTV』のEDテーマにも起用されたこの曲は、オリコン・ウィークリーチャート30位にランクイン。2013年7月、羽村駅前広場にて行われた『第38回はむら夏まつり』にて、羽村市より“はむら応援隊長”に任命。2013年10月に2ndシングル「アゲアゲええじゃないか!!!」を、2014年1月にはアニメ『団地ともお』EDテーマである「スーパースマイラー」を収録した両A面シングル「ラブミーベイベー/スーパースマイラー」をリリース。2014年2月、目標として掲げてきた初の渋谷公会堂ワンマンを予定していたが、大雪による影響のために中止となってしまった。オフィシャルHP
Official Twitter
Official Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント