【ねごと】『お口ポカーン?! 初の全
国ワンマンツアー2015 「~VISIONは続
くよどこまでも♪~」』2015年6月7日
at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:AZUSA TAKADA/取材:清水素子

 3月に発表したアルバム『VISION』を引っ提げての全国ツアー最終日。初日が明けてからのインタビューで、蒼山幸子(Vo&kye)が語っていた“今までの中で一番良いツアーができている実感がある”との言葉は真実だった。ねごとの音楽が客席に寄せては返し、熱気をはらんでは渦をなすステージは、無限の夢幻を醸してまさしく宇宙のよう。そこに確かな進化を見ることができたのだ。

 浮遊感たっぷりの「未来航路」での幕開けから、まず驚かされたのがプレイの熱さ。ロングスカートの藤咲佑(Ba)は頭を振りながら豪快にベースをかき鳴らし、続く「sharp ♯」では澤村小夜子(Dr)もアグレッシブなドラミングを轟かせる。アルバム一のロックチューン「GREAT CITY KIDS」でも生音ならではのパッションを放出しながら、しかし激情のまま突っ走るのではなく、どこか乙女の品格を保っているところが、ねごとのねごとたる所以。疾走する透明感で魅せる「コーラルブル—」から、楽器隊のスキャットコーラスも美しいスローな「ドリーミードライバー」、ゆったり繊細なプレイが熱をはらんでタイトル通りに謎めいた軽やかさで包む「ふわりのこと」といった中盤ブロックでは、特にドリーミングな空気で場内を包んでくれた。考えてみれば“ねごと”とは、夢と現の狭間で最高に心地良い状態の時に洩れるもの。彼女らのステージが幸せな夢見心地を与えてくれるのも、当然と言えば当然なのだ。

 また、今ツアーでは普段ステージ上ではほとんど喋らない沙田瑞紀(Gu)が、アルバムへの想いを語るコーナーも。この日も“いろんな音楽の可能性を追いかけて作った作品。単に盛り上がるだけじゃなく、もっと深く掘ってほしい”と熱く語った。事実、その後も奔放なパフォーマンスに客席から拳の声援を受けるロックなエモーションに、舞台上の円形オブジェにプロジェクションマッピングを投影しながら、月/ミラーボールを宇宙の光に見立てた幻想ムードを織り交ぜて、ねごとにしか生み出せない世界を作っていく。その根本にあるのは、オーディエンスと“音楽でつながりたい”という想い。“ここからが始まりです。まだまだ先に進みます。もっと大きな景色をみんなに魅せるために”という蒼山の言葉を裏付けるように、アンコールでリリースされたばかりの新曲「DESTINY」をイキイキと披露する4人の姿は、未来への期待に燃えていた。

セットリスト

  1. 未来航路
  2. sharp♯
  3. アンモナイト!
  4. 黄昏のラプソディ
  5. GREAT CITY KIDS
  6. 透き通る衝動
  7. コーラルブルー
  8. ドリーミードライバー
  9. ふわりのこと
  10. エイリアンエステート
  11. 真夜中のアンセム
  12. 透明な魚
  13. ループ
  14. nameless
  15. endless
  16. シンクロマニカ
  17. カロン
  18. Time Machine
  19. 憧憬
  20. <ENCORE>
  21. DESTINY
  22. 夜風とポラリス
  23. Re:myend!
ねごと プロフィール

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。ねごと オフィシャルHP
SonyMusic

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着