【The Winking Owl × SpecialThank
s】『BLOOMING TOUR 2016』×『「he
avenly」release tour』2016年6月17
日 at TSUTAYA O-WEST

撮影(SpecialThanks):梅田 慎之介/撮影(The Winking Owl):ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介

 The Winking OwlSpecialThanks共ともに紅一点の女性ヴォーカルに男性3人を擁する4人編成。しかも同じ5月11日に新作を出した2バンドがレコ発合同ツアーを行ない、今日はそのファイナル公演を迎えた。

 この日のトップはメンバー4人が囚人服を着たHenLeeが登場。重心の低いグルーヴ感とキャッチーなポップ性を振り撒き、見た目とは裏腹に人懐っこい音色で観客をグイグイ引き込んでいた。続くSWANKY DANKは冒頭からフロアーにサークルピットを作り上げる攻撃的なライヴを展開。足腰がしっかりした爽快なポップパンクで突っ走り、終始観客を焚き付ける豪放なステージを見せつけた。

 さあ、次は新4人体制になったSpecialThanksだ。冒頭から《世界平和安全 心の平穏》の歌詞が印象的な新作ミニアルバム『heavenly』収録の日本語曲「SWEET」で幕を開ける。メッセージ色の強いゆったりした曲調からMisaki(Vo&Gu)の“伝えたい”という真摯な思いが汲み取れる。そこからアッパーな「Getting On」を挟み、新作から表題曲の「heavenly」「KOKOKARA」「Nothing」と3曲続けて披露。新加入のYoshi(Dr&Cho)のアグレッシヴなドラムがバンドのグルーヴを底上げする一方、Misakiは時に囁き、時にファルセットを駆使した表現力豊かなヴォーカルで観客の心を奪う。そして、「You say GOOD BYE」でフロアーにモッシュの渦を作り上げた後、ラストは「DOUNARUNO!?」を解き放つ。Hiromu(Ba&Cho)が観客を煽ると、“私はOKだけど、(Hiromuは)もっとイケるって!”とMisakiらしいMCにニヤニヤしつつ、ウォーウォーのコール&レスポンスを巻き起こすライヴ映えする曲調に大興奮した。

 そして、荘厳なSEと共にThe Winking Owlが姿を見せ、メジャーデビュー曲で新作フルアルバム『BLOOMING』にも収録された「Open Up My Heart」で本編開始。Luiza(Vo)の透明度の高いハイトーンヴォイス、重厚なスケール感のある演奏を響かせ、観客も手を上げて曲の世界観に浸り切る。「Here For You」では歌詞の中に“渋谷”と何度も織り交ぜ、会場の一体感を煽る様も熱かった。そして、話し言葉のように親密に語りかける歌詞が特徴的な「This Is How We Riot」へ。観客総出でジャンプする光景が広がり、会場の温度も急上昇! 「Sparkle Light」ではYoma(Gu)、Ranmalu(Ba)はステージを激しく動き回り、KenT(Dr)の躍動感あふれるドラムにも圧倒された。新作の中に“探す”という歌詞が多かったとMCで話した後、「Walk」をプレイ。曲が始まると、場の空気が一瞬にして変わる。Luizaの美声とともに楽曲に込めた切実な思いに胸を打たれた。「Bloom」で締め括ると、アンコールはポップな明るさが際立つ「Stars」を披露。ここに集まった観客から満面の笑顔を引き出し、盛大なフィナーレで幕を閉じた。

セットリスト

  1. 【SpecialThanks】
  2. 1.SWEET
  3. 2.Getting on
  4. 3.hey!you!
  5. 4.heavenly
  6. 5.KOKOKARA
  7. 6.Nothing
  8. 7.hello colorful
  9. 8.You say GOOD BYE
  10. 9.YOU=MUSIC I LOVE
  11. 10.DOUNARUNO!?
  12. 【The Winking Owl】
  13. 1.Open Up My Heart
  14. 2.Here For You
  15. 3.This is How We Riot
  16. 4.Sparkle Light
  17. 5.Walk
  18. 6.Deep River
  19. 7.Precious
  20. 8.Bloom
  21. <ENCORE>
  22. Stars
SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:ガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。2019年7月にサポートメンバーのToshiki(Gu&Cho)、KOUSUKE(Ba&Cho)、YOSHIDA(Dr&Cho)が正式加入することが発表された。SpecialThanks オフィシャルHP

The Winking Owl プロフィール

ザ・ウィンキング・オウル:ルーマニアと日本にルーツを持つLuizaと、US夏の祭典『Warped Tour』にも出演経験がある超絶ギタリストYomaを中心に、2010年に群馬県高崎市にて結成。US/UKのエモ&ロックを踏襲し、普遍性のあるJ-POPに昇華、さらに世界観を彩るプログラミングサウンドを挿入することによりオリジナリティーを確立し、未だかつて日本にはなかったネクストレベルのサウンドを創造。15年11月にシングル「Open Up My Heart」でメジャーデビューを果たした。The Winking Owl オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着