L→R KOUSUKE MASAKI(Gu)、YUKA(Vo)

L→R KOUSUKE MASAKI(Gu)、YUKA(Vo)

テレビ東京系列アニメ『遊☆戯☆王 ZEXAL』のエンディングテーマとして書き下ろされた「Wild Child」は作品の世界観に寄り添うことで、'え! これがmoumoon!?'と衝撃が走るエネルギッシュなロックチューンに仕上がっている。
取材:ジャガー

テレビ東京系列アニメ『遊☆戯☆王 ZEXAL』のエンディングテーマでもある「Wild Child」ですが、ここまで元気いっぱいなmoumoonが聴けるとは思ってもいませんでした。

YUKA
もう振り切ろうぜ!っていう(笑)。アニメのために書き下ろした曲なので、それもまた新鮮に響くんだろうなって思うし。こうやって書き下ろしで楽曲制作をやらせてもらえることによって、いろいろ冒険できるから面白いですね。"じゃ、こういう考え方もできるかな"ってあれこれふたりで考えて。"っぽいね!"ってクイズの答えを探しているような感じで楽しんでます。
MASAKI
「Wild Child」は、『遊☆戯☆王 ZEXAL』という作品がないと絶対生まれない歌詞や曲だと思っていて。
YUKA
そうだね。《ガッツポーズで~》のサビには絶対ならなかったもん。
MASAKI
小さい時にアニメを観終わった後、全然合わない曲が流れるとガクっとなっちゃうことがあったんで、やるからには映像にはまる曲にしたくて。いくつになっても小さい頃に観てたものって覚えてるし、その作品とリンクした楽曲ってインパクトが強いんですよね。

すごく新鮮なナンバーですが、ギターの唸る感じや楽器隊の迫力、そしてピコピコと楽しげに鳴り響く打ち込みというのは、これまでmoumoonが築き上げてきたものを集約した感じなのかなと。

MASAKI
確かにバンドも打ち込みも前面に出てくるこの感じは、アルバム『No Night Land』がなかったら出しづらかったでしょうね。あそこでさまざまな挑戦ができたから、「Wild Child」もいけるなって流れはありました。

書き下ろすにあたり、どんなイメージがありました?

YUKA
主人公がすごく少年っぽくて、無我夢中でゴールめがけて走っていっちゃうタイプだったので、子供っぽい感じがいいかなと。あんまり世の中を斜めに切り取ったものじゃなくて、もっと純粋さにあふれる歌詞にしたいなと思いましたね。で、《毅然とカードを切るのさ》や《戦いを極めてゆくだけ》って言葉を入れて、作品に絡ませながら遊んでみたり。アニメのエンディングの画はまだなかったんですけど、私たちなりに想像しながら…"ここでキャラクター全員が集まって、全員そろったショットでバン!と終わる"みたいな。
MASAKI
過去の作品をいろいろ観させてもらって、キャラクターや映像の世界観、線のタッチも含めて、しっかり合わせていきたいなっていうのはありました。子どもたちが難しくて分かんないって感じちゃう曲じゃなくてシンプルで覚えやすいもの。それでいてアニメの世界観にマッチしている音を考えてました。
YUKA
エンディングで流れた時、映像と一緒になった時に心が熱くなれるかどうかを基準にしてたよね。幼い気持ちも入ってるんだけど、大人の私が聴いてても歌詞で言ってることはすごく好きだし、この中からmoumoonっぽさを感じてもらって、"こういうmoumoonも好きだわ"ってなってくれれば嬉しいです。

まっすぐな思いを歌っているから、大人が聴くとハッと気付かされるような部分もあって。

YUKA
大人になるとあれもこれも頑張りたいんだけど力が入んなかったり、すぐに諦めちゃったりっていうのがあると思うんですけど、"ぶち上がっていこうぜ!""勝ち上がろうぜ!"って普段だったらちょっと恥ずかしくて言えないことも、この曲ではすんなり歌っちゃってますよね。

パンチの効いた歌声との相乗効果で清々しいです!

YUKA
ライヴした後にレコーディングすることなんてあまりないんですけど、この時はたまたまスケジュールの都合で歌入れをするってことになっていて。大丈夫かな?って不安もあったんですけど、いい意味で突っ走れたというか。これがメロウで甘いバラードだったらちょっとやめておこうかってなるかもしれないけど、勢いのある曲だからやったるぞ!って気持ちに拍車がかかり、声が若返りました(笑)。

(笑)。駆け抜けていくスピード感も心地良くて、リリースごとにテンションが上がっていってますよね。

YUKA
本当にどこまでいくんだろう(笑)。「うたをうたおう」からどんどん上がり続けてる気がします。以前だと"なんとかしてこの曲を盛り上げよう"っていうのがあったのが、最近は"このままでも大丈夫だよね"ってぐらいすでに熱くて。テンションの高い曲が多くなってきたから、ライヴも良くなってるんだろうなって思います。
MASAKI
メリハリが出てくるよね。とことんまでやるから飛ばしていく曲はぶっ飛ぶし、まったりなやつは優雅な感じだし。
YUKA
「Wild Child」をライヴでやると楽しそうだよね。
MASAKI
絶対盛り上がるね。バンドメンバーがヒートアップしそうです。

一転して、2曲目の「Start it now」は大人っぽい雰囲気が漂っていますが。

YUKA
新しい生活を始める女の人が主人公なんですけど、日本語の部分は端的に記されていて。英語のフレーズがリフレインするような不思議な歌です。朝、シャワーを浴びる時や身仕度をしている時なんかにこの曲を聴いて、さわやかになってもらえたらいいかなと思って作りました。

声の重なりが綺麗に響いてきますよね。

YUKA
歌い方もわりと違うし、伸びやかですね。
MASAKI
1曲目がシンプルにど真ん中にYUKAちゃんの声があるイメージだとすると、こっちは綺麗な広がりを楽しむような感じ。なかなか自分は思い付かないメロディーだったんですけど、いろいろ試してギターのチューニングを変えて弾いているうちに生まれたメロディーで。突然変異的なんですよ。たまにそういう変なことをすると、違うことが起きて面白いなって。6弦を普通Eなんですけど、Dに一音下げて弾くとすごい簡単にこの曲は弾けます。
moumoon プロフィール

ヴォーカル YUKAとギター柾昊佑(まさきこうすけ)によるユニットで2005年結成。
フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った“やわらかい月”という意味の造語。
YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジのきいた歌声と、柾が創造する印象的なメロディーが絶妙にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲が聴き手を柔らかく包み込む。

2006年7月に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。2007年8月ミニ・アルバム「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。
同年12月にリリースした1stシングル「Do you remember?」がラジオ、衛星波21局でパワープレイを獲得する。
2008年7月、自身初となるのワンマンライヴ(原宿ASTRO HALL)を行いチケットSOLDOUTとなる。同年12月(渋谷duo music exchange)、2009年5月(赤坂BLITZ)に行われたワンマンライヴでは両公演共にチケットが即日完売となる大盛況ぶりを見せた。
同年7月には通算5枚目となるシングル「On the right」のリリースが決定、10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを行う。オフィシャルHP
YouTube
Facebook
YUKA Twitter
MASAKI Twitter
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」