L → R  Ta_2(Vo)、YORKE.(Painter)

L → R  Ta_2(Vo)、YORKE.(Painter)

【OLDCODEX】媚びない、変わらない、
大人になってる場合じゃない!

昨年10月7日に赤坂BLITZで行なった熱狂のステージを収録したDVD『OLDCODEX Live DVD “CATALRHYTHM” Tour FINAL 2012.10.7 AKASAKA BLITZ』が発売。ギター、作曲など楽曲の多くを担ってきたR・O・N最後のステージについて話を訊いた。
取材:榑林史章

赤坂BLITZのライヴはR・O・Nさん在籍時最後のステージということで、ひとつ区切りを付けたものになりましたね。

Ta_2
そうですね。例えば、小説で言う第一章が終わったみたいな感覚でいてもらえたらと思います。
YORKE.
その日は、R・O・Nの脱退がまだ公表されてなくて、でも俺らは知ってる状態でライヴをやってたんです。だから、俺らとしては複雑な状態だったけど、それをお客さんには感じてほしくなかったし…いいかたちで区切りを付けることができた…でも、それはこうして第二章が良いかたちで始まることができたから、そういうふうに思えるんだと思うし。
Ta_2
本当なら、アルバムを作るのにR・O・Nがいなくてどうしよう?ってなったと思うけど、いつも俺らをサポートしてくれていたミュージシャンやスタッフがたくさん手伝ってくれたし。オーディエンスも知らないところで俺らを支えてくれてた。それによって良いリスタートを切れたのは、本当に偶然のような出来事であると思っています。

ライヴが終わった後は、どんなふうにすごしたのですか?

YORKE.
楽屋でTa_2とふたりきりになった瞬間があって。その時はちょっとクるものがあって、たまらず部屋を出ました。無事に終えてホッとしたのもあったし、込み上げてくるものがあって、Ta_2とふたりでいたら泣いちゃいそうで、“ヤバイ、無理無理”って(笑)。その瞬間かな、これからふたりでやっていくんだという気持ちが一気に加速したのは。
Ta_2
俺はYORKE.が出ていった後、ひとりでちょっとだけ泣いた。片眼から一粒だけ涙がこぼれた。

今回DVDであの日のステージを改めて観て、どんなことを思いましたか?

YORKE.
正直最初は、このDVDは観れないって思ってたんです。気持ち的に区切れてないような気がしていたし。でも、いざ観たら、すげえいいライヴしてるなって思った。ただ、自分がすげえ頑張ってて、ちょっと引いちゃったのもあるんだけど(笑)。緊張感とか不安とかがあって、それであんなに頑張っちゃったんだと思うけど、あの時はそれが良い方向に出てたんだと思う。確かにメンバーの脱退はネガティブな要素を含んでるけど、それをポジティブに変えようというパワーがものすごかったなって。それは今後も持ち続けていかなきゃいけない気持ちだと改めて感じました。まあ、自分では恥ずかしすぎて、あまり観たくないんだけど(笑)。
Ta_2
ちゃんと『CATALRHYTHM TOUR』の時にしか出せないもの、今出そうと思っても出せないものが、しっかり出せてるなってすげえ思いました。今後はそれを超えていかないといけないわけで、ハードル高けえな〜って(笑)。

今後は毎回このクオリティーを目指すと。

Ta_2
この時は踏ん張ってそれを出していたから、ナチュラルに出せるようにならないといけない。そういう部分では、変に大人になってる場合じゃねえなって。こういうがむしゃらになってる自分とか、その時の熱量をちょっと忘れちゃってた自分がいるなって気づかせてもらいました。
YORKE.
ふたりが抱えているものは大きかったけど、それを決してお客さんには押し付けないというスタンスを貫けたのは良かったよね。媚びないっていうか。もしライヴの前にR・O・Nの脱退を発表していたら、お涙ちょうだいになったかもしれなくて、それをやらないとみんなで決めたことだし。これから背負うものはもっと大きくなるけど、それをポジティブなものに変えていく…今後は、もっとクールに、でもあの時以上の熱量を持ったステージを展開していかないといけない。

現在のツアーでは、気持ちに変化は?

Ta_2
う〜ん…変化って言うと、前の状態から変わってしまったみたいで、あまり適切ではない気がする。例えば、打ち込みの曲でバックコーラスを流す時、そこにはR・O・Nの声も入ってて、彼の想いや熱量も込められている。そうしたある種の残像なのか、欠片なのか分からないけど、それと一緒に今もやってる感覚です。だから、変な言い方だけど、2.5人みたいな(笑)。
『OLDCODEX Live DVD “CATALRHYTHM” Tour FINAL 2012.10.7 AKASAKA BLITZ』
    • 『OLDCODEX Live DVD “CATALRHYTHM” Tour FINAL 2012.10.7 AKASAKA BLITZ』
    • LABM-7115~6
    • 2013.03.20
    • 6500円
OLDCODEX プロフィール

2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。15年に初の日本武道館公演、18年2月には横浜アリーナ公演を行なうなど国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を展開している。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着