【T.M.Revolution、JAM Project、OL
DCODEX】『AJ Circuit in 両国国技館
ANISONG WORLD MATSURI 2017』2017
年3月26日 at 両国国技館

取材:榑林史章

 日本最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2017』の一貫として3月26日(日)に東京・両国国技館にて、『AJ Circuit in 両国国技館 ANISONG WORLD MATSURI 2017』が開催。それぞれ数多くのアニソンを手掛けるT.M.RevolutionJAM ProjectOLDCODEXの3組が登場し、ジャンルとアニソンの枠を越えたステージで集まった観客を熱狂させた。

 トップバッターにはOLDCODEXが登場。実はアニメイベントへの出演は珍しく“光る棒(ペンライト)は一度引っ込めて、代わりに拳を振り上げてもらえたら嬉しい”と、OLDCODEX流を貫いたTa_2(Vo)。YORKE.(Painter)は壁に飾られた歴代横綱のレリーフに触れ“横綱のプレッシャーに負けないように頑張ります”と笑いをとった。終始挑発的な視線で、客席を睨むようにシャウトするTa_2。YORKE.も時にペイントする手を止めて、マイクを掴んで合いの手やコーラスを叫ぶ。ビリビリとしたヘヴィなロックサウンドとふたりの放つ危険な香りが場内に充満した。後半「The Experience」ではTa_2が客席に降りていって柵ひとつ隔てただけの距離感で、渾身のヴォーカルを響かせる。そんなふたりの気迫に圧された観客は、アニソンの枠を越えたロックなステージに酔いしれた。

 続いて登場したJAM Projectは、これまでに手掛けたゲームやアニメのテーマソングを次々と披露した。それぞれの個性が光るヴォーカルを聴かせ、時にはヴォーカルグループならではの巧みなコーラスワークでハーモニーを聴かせる。“アニソンで世界と仲良くなりたいと思って、これまでやってきました。その気持ちは今も変わりません”と、アニソン愛を語った影山ヒロノブ。10年前に初めて世界ツアーをやった時に作ったという曲「HERO」は、JAM Projectの中では珍しいミディアムナンバーで、会場をハートフルな空気に包んだ。そして、「SEVENTH EXPLOSION」ではバンドサウンドに乗せてスケールの大きな歌声を響かせ、その情熱とパワーで会場の空気を熱く燃え上がらせた。最後にはJAMのライヴのクライマックスではお馴染みになっている楽曲「レスキューファイアー」を披露し、曲中の《Motto Motto》というフレーズを会場全体でコール。アニソンをキーワードに、会場を見事にひとつにした。

 最後にT.M.Revolutionが登場すると会場は大歓声に包まれた。『機動戦士ガンダム』シリーズや『戦国BASARA』シリーズなど、人気アニメの楽曲を多数手掛けるT.M.Revolution。冒頭から3曲連続の『ガンダム』楽曲にアニメファンは大興奮となった。西川貴教が“来いよ!”とマイクを向ければ、大合唱が場内に広がる。アニメファンを公言している西川は、前日に開催された『TOKYO GIRLS COLLECTION』にゲスト出演していたことに触れ、“正直、今日のほうが全然居心地良いです!”と嬉しそう。「Preserved Roses」「革命デュアリズム」といった声優の水樹奈々とコラボした2曲では、西川が言うまでもなく水樹パートを観客が歌い、会場全体を巻き込んだ壮大なデュエットに発展。西川もその様子にご機嫌で“最高!”を連発した。

 アンコールでは夏にワシントンで開催される『Otacon』で共演するJAM ProjectとT.M.Revolutionが、コラボでJAM Projectの楽曲「SKILL」を聴かせた。まるで最初から6人組かのようなチームワークに客席からは歓声と拍手の嵐。多分二度とない激レアな組み合わせとコラボに、観客はこの日ほどアニメファンで良かったと思った時はなかっただろう。

セットリスト

  1. 【OLDCODEX】
  2. Feed A
  3. Lantana
  4. Aching Horns
  5. Deal with
  6. The Experience
  7. Scribble,and Beyond
  8. カタルリズム
  9. Rage on
  10. 【JAM Project】
  11. THE HERO!!〜怒れる拳に火を点けろ〜
  12. THE EXCEEDER
  13. The Brave
  14. HERO
  15. SEVENTH EXPLOSION
  16. VICTORY
  17. レスキューファイアー
  18. 【T.M.Revolution】
  19. Inherit the Force -インヘリット・ザ・フォース-
  20. INVOKE
  21. Ignited –イグナイテッド-
  22. RAIMEI
  23. resonance
  24. Preserved Roses
  25. 革命デュアリズム
  26. HEART OF SWORD〜夜明け前〜
  27. 【JAM Project×T.M.Revolution】
  28. SKILL
JAM Project プロフィール

影山ヒロノブ、遠藤正明を中心とするアニソンユニット。ランティス所属。2000年、水木一郎の“21世紀へ古き良きアニソン魂を残したい”という呼びかけにより結成。同年OVA『エクスドライバー』のオープニングテーマ「疾風になれ」でデビュー。これまでに数多くのアニメ、特撮、ゲーム主題歌を発表しており、2011年の『AFCアジアカップ』では「VICTORY」が日本代表勝利BGMとして使用された。現在は初期から在籍している影山と遠藤に加え、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の3人が固定メンバーとなっている他、水木やヒカルド・グルースらが“非常勤メンバー”として不定期参加している。詞や基本的なメロディーは王道的アニメソングを踏襲しつつも、曲調はジャパニーズヘヴィメタルやハードロックの色合いが強い。コンサート活動も精力的に行っており、2008年に世界ツアー、2009年に日本武道館ワンマンライヴを開催。2013年2月には大阪城ホールと横浜アリーナで単独公演を敢行した。

OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

T.M.Revolution プロフィール

ティーエムレボリューション:1970年滋賀県生まれ。西川貴教によるソロプロジェクト。1996年5月にシングル「独裁 -monopolize-」でメジャーデビュー。キャッチーな楽曲や完成度の高いステージ、圧倒的なライヴパフォーマンスで人気を集め、数々のヒット曲を連発する。近年では、故郷・滋賀県から初代滋賀ふるさと観光大使に任命され、滋賀県初となる大型野外ロックフェス『イナズマロック フェス』を主催するなど活動の幅を広げている。T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution オフィシャルFacebook
T.M.Revolution オフィシャルTwitter
スタッフオフィシャルTwitter
T.M.Revolution オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着