赤坂BLITZにてインディーズ・ラストワンマンを行ったエビ中こと「私立恵比寿中学」

赤坂BLITZにてインディーズ・ラストワンマンを行ったエビ中こと「私立恵比寿中学」

エビ中、インディーズ最後のワンマン
で新境地! 新曲「歌え!踊れ!エビー
ダダ!」熱唱

平均年齢13.7歳の現役中学生9人組グループ「私立恵比寿中学」(略称:エビ中)が4月1日、インディーズとしてラストとなるワンマンライブを赤坂BLITZにて行った。
デフスターレコーズとのメジャー契約を発表し、5月5日のこどもの日にシングル「仮契約のシンデレラ」でデビューするエビ中は、現在「スプリングデフスターツアー 2012〜こりゃあ春からエビがいい!〜」の真っ最中。

その中で行われた今回のワンマンライブも、過去2回の開催時と同様に二部構成で行われ、共に5000人を超える応募から抽選で選ばれたファンが朝早くから会場を取り囲んだ。

一部では、メンバーも初めてみるという、メジャーデビューシングル「仮契約のシンデレラ」のミュージック・クリップをステージ上のスクリーンにて初公開したり、また、アンコールでこの日初パフォーマンスとなる新曲「歌え!踊れ!エビーダダ!」を披露し、あの大物海外女性アーティストを彷彿させる演出で、新たな“エビ中ワールド”を見せつけた。

二部では、メンバーも衣装を変え、色鮮やかなグリーン、ブルー、ピンクの3種の衣装で3組に分かれて登場。インディーズ楽曲とメジャー楽曲を交えたバリエーション豊かな楽曲群で会場を沸かせる。

そんな中、ラゾーナ川崎での「メジャーデビュー調印式」以来となる“Mr.デフスター”がいきなりステージに登場し、何も聞かされていなかったメンバーを唖然とさせたが、最後は「今日の学芸会がもっともっと盛り上がるようにエビ中ファミリーみんなで日本古来の掛け声でひとつにならないか」と微妙な提案をしたMr.デフスターはメンバーと観客に「エイエイオー」の掛け声を強制すると、満足げにステージを去って行く。

さらに、そのあとステージ上のスクリーンにて、7月1日に日本青年館でのワンマンが決定したことを知らされ、初耳のメンバーは狂喜乱舞。一気にテンションを再加速させ、本編は大団円で終了した。
<4/1のセットリスト>
私立恵比寿中学〜うっかり学芸会〜
2012年4月1日(日)@赤坂BLITZ
1部: うっかり学芸会 〜ウソついたらえびせんドーン!〜
Ebiture(OPENING)
1.えびぞりダイアモンド!!
2.エビ中一週間
3.仮契約のシンデレラ
4.もっと走れっ!!
5.One Love
6.売れたいエモーション!
7.どしゃぶりリグレット
8.オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜
9.揚げろ!エビフライ
10.かえしてニーソックス
11.ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜
12.永遠に中学生
13.チャイム!
<アンコール>
14.歌え!踊れ!エビーダダ! ※初披露!!
15.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX

2部: ちゃっかり学芸会 〜よせばいいのに赤坂リフレイン〜
Ebiture(OPENING)
1.エビ中出席番号の歌 その1
2.もっと走れっ!!
3.オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜
4.どしゃぶりリグレット
5.なにがなんでも
6.仮契約のシンデレラ
7.ご存知!エビ中音頭
8.歌え!踊れ!エビーダダ!
9.売れたいエモーション!
10.えびぞりダイアモンド!!
11.ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜
12.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
13.永遠に中学生
<アンコール1>
14.揚げろ!エビフライ
15.イッショウトモダチ
<アンコール2>
16. 仮契約のシンデレラ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着